読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

作家
ケリー・マクゴニガル
神崎朗子
出版社
大和書房
発売日
2015-10-10
ISBN
9784479305583
amazonで購入する

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あすなろ

大ベストセラーを今頃読了。今触手が伸びたということは、そういうものを自分が欲しているからか。とても面白かったです。一部は当時eテレで観たかな、自分の中には2つの自己がある。ブラックとホワイトの奴。ホワイトを選べ、と。それが自己コントロールの方法。そう読み取りました。後は、呼吸とか睡眠とか誘惑に耐える方法とか、ナルホドと思った次第。

2018/03/31

混沌

本屋で発見。文庫本出てたんだ。単行本になくて、文庫本にあるもの。文庫本の訳者あとがきだけ読んだ(汗)。著者が来日したとき、訳者もずうっといっしょだったと。内容は同じはずなのに、サイズが違うと印象も違うもんだ。字が大きくて読みやすくはあった。

2015/10/11

kiisuke

怠け者の私には「意志力」って聞いただけでもちょっと辛くなってしまう言葉…。ですが、この本を読んだ後では「意志力」が少し親しみを持って捉えられるようになった気がします。そうか、私の意志の弱さは大昔の先祖から伝わる自分を守るための脳の働きを受け継いでいるからなんだ!と思うとちょっと自分を許してあげたくもなってしまいます。よーく読んで意志力鍛えていきたいな。こんな私でもできるかも!と思わせてくれる興味深く楽しい一冊でした。

2017/02/03

舟江

今までの心理学を覆すような内容だった。翻訳ものではあるが、比較的に読みやすい。一度目を通して自分自身何から始めるか。奥の深い本だ。お勧め。

2018/11/07

ルル

意志力強化をしたい人、三日坊主に悩む人、先延ばしについしてしまう人、等々、私たちの悩み打開のヒントがもらえるかもしれません(o^^o)

2019/02/07

感想・レビューをもっと見る