読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

フランス人は10着しか服を持たない (だいわ文庫 D 351-1)

フランス人は10着しか服を持たない (だいわ文庫 D 351-1)

フランス人は10着しか服を持たない (だいわ文庫 D 351-1)

作家
ジェニファー・L・スコット
神崎朗子
出版社
大和書房
発売日
2017-05-12
ISBN
9784479306504
amazonで購入する

フランス人は10着しか服を持たない (だいわ文庫 D 351-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

seri

より良く生きる、が最近の自分のテーマ。でも正直、素敵な暮らしに憧れつつもその「素敵な暮らし」が具体的にイメージ出来るかというと微妙なところ。この本はそんな曖昧だった私の憧れに具体的なイメージをくれました。フランス語のシック。日本で使われるその言葉以上の意味を内包するその言葉に著者の感動と一緒にすっかり魅せられてしまいました。幸せはいつも、路傍の四つ葉のように日常のふとした瞬間に潜むもの。その四つ葉を見つけられる視点をもちたい。何度も読み返す本になりそうです。自分テーマも「シックに生きる」に変更かも。

2018/01/14

りえこ

2を読んでいて、文庫になったので1を読みました。全ては実践できなけれど、素敵な習慣がたくさんあるので、やってみたいなと思いました。

2017/05/27

mymtskd

食事、衣服、暮らし方を美意識を持って丁寧に過ごすフランス人たちの生き方が書かれており、ずばりマダムシックのいうように常に「怠けていてはダメ」なのだ。ひょっとすると日本人からすれば、このアメリカ人女性のように驚くことは少ないかも知れない(だからアメリカでこんまりブームが起こる!)。それでも自分の見せ方や生き方をいつも意識するようなパリの人々の姿勢には大いに触発されるものがある。

2019/06/20

ありす

ずーっと気になっていて、やっと読んだ一冊です。フランス人の素敵なライフスタイルに魅せられました。装丁もイラストが可愛く、読んでいて気持ちが上がり、とても楽しかったです。さっそく実行したのは大量の服を捨てること。まだまだ10着には程遠いけど、だいぶスッキリしました。他にも真似てみたいことが沢山あったので、少しずつ実践していきたいと思います。

2018/11/08

さきん

著者はアメリカ出身。物質主義で消費旺盛なアメリカからヨーロッパへ移住した経験は相当衝撃的であったと容易に想像がつく。10着に絞り込む、上等なものを長く使うなど至極全うなアドバイスが列挙。教養まで言及。テレビはあまり見ない方が良い、インディペンデンス系の映画を見ようという提案には、共感。新聞読んだ方が良いというのは、フランスのジャーナリズムの質が高いからだろうか、日本にはあまり当てはまらない気がする。

2020/05/10

感想・レビューをもっと見る