読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

お友だちからお願いします (だいわ文庫)

お友だちからお願いします (だいわ文庫)

お友だちからお願いします (だいわ文庫)

作家
三浦しをん
出版社
大和書房
発売日
2018-11-10
ISBN
9784479307303
amazonで購入する

お友だちからお願いします (だいわ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

尊敬する読友さんのレビュー見て積んでました。しをんさんのエッセイ初体験!普段は本の耳を折ったりしないのですが、恐るべし、読み終えたら折られたページが14箇所も?1つ選べ?うーん『降りますのマナー』かな!大共感!駅に着く直前に動き出される迷惑、カメレオンの舌笛は絶妙❗前の人が笛吹くと上を向いた頭が私の手元の文庫本にぶつかるが、先に笛が見えるから大丈夫!一度大作家の伊集院静さんとご一緒したがお話が面白く、女性にモテるのも納得した!しをんさんの好奇心と表現する言葉センス、こちらこそお友達からお願いしたい‼️🙇

2019/09/15

尊敬する読み友様が筆者をお好きとのことで釣られて読了。このノリ、この書き方好きです。たま~に私の普段のしゃべり方に似ているところがあったりした部分(自分のことを俺と呼ぶ等・・(笑))があったので色んなテーマでちょいちょい共感してしまいました。特に電車で切符を出すタイミングは同じでした。私も乗った瞬間から降りる準備している派です。名作が沢山ある作者さんとのことなので小説も読みたいと思います。

2019/01/06

のぶ

三浦しをんさんの小説やエッセイは多く読んでいるので、どんな人物かはある程度知っているつもりだったが、本作を読んでやはり面白かったし、大いに笑った。このエッセイはマナー、愛、旅、人との触れ合い等、ジャンルに分けて納められているが、ちょっと感覚的に変な感じを抱きながら、このポジティブな性格は羨ましいし、人物やまわりのものを実によく見ていると思った。それが優れた作品に繋がっているのだろうと感じた。今までに増してしをんさんを好きになったし、これからの作品も待ち遠しくなった。

2018/12/19

じょんじょん

『お友だちからお願いします』どういう意味だろうと思いながら読みました。読み終わったら、友だちになりたい気持ちになっていますように、という意味かしら。三浦しをんさんの作品は、自分にはすごく読みやすい作品と読み辛い作品とに分かれます。とても好きな作家には間違いないのだけれど。基本的にユーモアセンスたっぷりな方と思います。読みはじめでは面白くしよう感を感じたけど、読み進むうちに、思わず声出して笑ってしまったり。特にお母さんとの絡み最高。エッセイはこうじゃなきゃ。読了時はすっかりお友だちになりたくなっておりました

2019/07/08

佐島楓

文庫化につき再読だけど、例によって内容を程よく忘れている。文庫版は追記もあってお得。電車の中で読んじゃいかんね、相変わらずですが。

2018/11/14

感想・レビューをもっと見る