読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

妄想とツッコミでよむ万葉集 (だいわ文庫)

妄想とツッコミでよむ万葉集 (だいわ文庫)

妄想とツッコミでよむ万葉集 (だいわ文庫)

作家
三宅香帆
相澤いくえ
出版社
大和書房
発売日
2019-12-12
ISBN
9784479307938
amazonで購入する Kindle版を購入する

妄想とツッコミでよむ万葉集 (だいわ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ムーミン

面白く読めました。中学生に古典の面白さを伝えるネタとして使えそうです。

2020/02/24

マッキー

万葉集の本なんだけどむしろ万葉集に難しい&面白くないイメージを持っている人にこそ読んでほしいと思う。切り口がカジュアルすぎる。

2020/05/03

kkkともろー

とても面白い。しかし、うっかりでは済まない大きな間違いがある。額田王「あかねさす~」は「百人一首」には無い。どうして誰も気づかなかった?

2020/02/20

虎哲

空前の萬葉集ブーム。萬葉集本は数多くあれど、萬葉集を身近なものと感じさせてくれる本としてはこれが1番ではなかろうか。気鋭の書評家・文筆家である三宅香帆が3年間専門として研究してきた(研究テーマは「萬葉集における歌物語の萌芽」)萬葉集に対する愛と妄想を爆発させている。「春過ぎて夏来たるらし」(萬葉集)と「春すぎて夏来にけらし」(百人一首/新古今和歌集)と2つの訓読がある理由の解説が鮮やかで結構お気に入り。(早速ゼミで話した)「天の海に雲の波立ち月の船星の林に漕ぎ隠る見ゆ」や泣血哀慟歌が好きなので人麻呂推し。

2020/01/07

Fumito MIZUNO のベルズ

風流な情景を読んだ大伴家持の和歌と、インスタ映えとの共通点の話、ラノベっぽい展開の話、など、面白い話があって楽しく読めた。 中国とか、仏教とか、結構大きな影響を与えているんだな、と思った。 ここらへんもしっかり解説されている。もっと知りたい人は巻末の文献リストが役立ちそう

2019/12/18

感想・レビューをもっと見る