読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

深川二幸堂 菓子たより (だいわ文庫 361-5-I)

深川二幸堂 菓子たより (だいわ文庫 361-5-I)

深川二幸堂 菓子たより (だいわ文庫 361-5-I)

作家
知野みさき
出版社
大和書房
発売日
2022-09-10
ISBN
9784479320296
amazonで購入する Kindle版を購入する

深川二幸堂 菓子たより (だいわ文庫 361-5-I) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

真理そら

思いがけず続編登場(うれしい~~!!知野先生ありがとうございます)。「番外編」ではなく「続編」だから「~たより」シリーズとして登場したんですよね、たぶん。光太郎の妻・葉の出産から物語が始まった。「二幸堂」は間口が広がって縁台を置いて上菓子を食べられるようにしたので「~こよみ」時代より大所帯になっている。小太郎の悩みやら八郎の淡い初恋やらいろいろあるけれど、「伯仲」の菓子くらべが楽しい。番付にたいする七さんと孝次郎の考え方の違いもおもしろい。白あんの水羊羹食べたいです。

2022/09/12

やじかな

おぉ続編だ、と思い、即購入。二幸堂に関わる4人の視点で描かれる短編集。 上生菓子が食べたくなりますね。和菓子は元から良く食べるし、大好きなので、孝次郎のお菓子はどんなだろうか、と想像するだけでもワクワクします。 この時代には、「番付」があったり、「●●比べ」みたいな催しがあったり。他の作品でもそういうシーンが出てきますね。 ホッと一息つくような、穏やかな作品です。

2022/10/07

onasu

本編の終了から数年後(?)、深川の菓子屋「二幸堂」は、王子の「よいち」と若い者を行き来させながら共に繁盛していた(という後日譚4編になるのか?)。  出だしは次々と出て来る若い者に面食らったが、小太郎(葉の連れ子)と光太郎(継父)の関係に安堵する頃には、新装なった「二幸堂」に馴染んでいる。  「よいち」とその行き帰り、店の向かいの光太郎一家の住まう長屋と、所帯が大きくなった分、舞台も増やしているのが目先を変える意味でも奏功している。  繁盛する「二幸堂」と皆の活き活きした様子を眺められたのはよかった。

2022/11/07

まき

思いがけない続編が出て嬉しいニ幸堂シリーズ、楽しく読みました。家族も増えて皆仲良く暮らして新しい菓子のアイデアも出てきて幸せな読書でした。でも前作の内容をずいぶん忘れているようで、この人誰だっけ?ってなったのが私的に残念。改めて最初から再読したくなった。

2022/09/28

まさ公

和菓子食べたい。練り切り見たい。それぞれ幸せに過ごしていてホッとする。お七さんの舌の正確なこと(笑)

2022/11/30

感想・レビューをもっと見る