KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人をひきつける「頭のいい人」の話す力 (だいわ文庫)

人をひきつける「頭のいい人」の話す力 (だいわ文庫)

人をひきつける「頭のいい人」の話す力 (だいわ文庫)

作家
齋藤孝
出版社
大和書房
発売日
2024-01-12
ISBN
9784479320784
amazonで購入する Kindle版を購入する

人をひきつける「頭のいい人」の話す力 (だいわ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Go Extreme

3分程度・相手も我慢 メッセージを多人数に向けて発信 話のネタ・場の空気を感知・張りのある声/テンポ 話す力を鍛える:意味の含有率 頭のよさ≒対話力 話し上手に学ぶ―永六輔 オチとアイディア・話芸の極致 3つの力:ネタ力―話す前に考える テーマ力―何をどう話すか ライブ力―現場で何をやるか 論理的でなくても許される話し方 話し上手―古今亭志ん朝・キング牧師 繰り返されるキーメッセージ 深い話・トレーニング:要約力 コメント力 透徹した高い知性 話し上手に学ぶ―小林秀雄・宮崎駿 柔らかく厳しく迫る

2024/02/21

wata

人をひきつける話す力についての説明書。面白い話し方とは?いかに引きつけるか。その要素は「意味の含有率」がキーワード。話し手の人格が見えない薄っぺらい話し方ではなく、聞き手に意味がある事→新しい知識、ユーモア、話し手ならではのオリジナリティ(斬新な視点、感情)、共感を呼び起こすこと、これらの要素を含むように構成しないと、つまらない校長先生の話になってしまう、ということ。

2024/01/27

感想・レビューをもっと見る