読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

リラックスのレッスン~緊張しない・あがらないために

リラックスのレッスン~緊張しない・あがらないために

リラックスのレッスン~緊張しない・あがらないために

作家
鴻上尚史
出版社
大和書房
発売日
2019-01-26
ISBN
9784479393177
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

大勢の前で自己紹介、大事な仕事のプレゼン、
会社の面接、結婚式のスピーチ……どうする?

人前で話すのが、うんと楽になる!

「演劇の歴史は長いです。昔から緊張する俳優はいて、
それをどうしたら緊張しなくなるだろうかと
世界中の演出家や俳優が試行錯誤してきたのです。
演劇界にはリラックスするための
膨大な知恵と技術の蓄積があるのです。」

演出家として「人前でリラックスする方法」について長年考え、追求してきた著者が、
初めて一般の人のために書き下ろした、超・実践的な1冊!

リラックスのレッスン~緊張しない・あがらないために / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はるー

新卒採用に加えて、教育研修で人前で話すことが増えた私にピッタリな一冊を上司が貸してくれた。色々勉強になることはあったけど、話すことにも目的や想いが重要だということがわかった。何事にも共通することなんだなー。

2019/02/28

スリカータ

あがり症対策に良いです。自意識から如何に意識をそらすことが出来るか、色んなアプローチが紹介していました。ここでは主にスピーチでのあがり症対策でした。

2019/03/24

しかっくま

普段、無意識に緊張して、首が凝ったり、噛み締めてて顎が痛くなったり、頭痛が出たり。タイトルだけ見て、普段リラックスして過ごす術を探して本書を手にとったが、「あがり症」へのリラックス方法を説いたものだった。身体のリラックスについては、自分にも役立ちそう。その他、与えられた状況への集中(五感と4W)、今ある状況(人数・場所・人間)、目的と障害とその間の葛藤(心が動く)、集中の輪(独り言、二人言、みんな言の使い分け)などが説かれる。「コミュ障」へのヒントにも。普段から自分の反応にもっと注意深くなろう。

2019/02/20

森 智貴

「自意識は、『忘れよう』とか『無視しよう』『考えないようにしよう』と思えば思ううほど、大きくなります。もともと、人間は否定形を実行できません。」 本題とはそれますが、『何かを我慢し続ける』こと(例えば、ダイエットとか)が、人間には難しいワケだ。

2019/02/22

感想・レビューをもっと見る