読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

壇蜜歳時記

壇蜜歳時記

壇蜜歳時記

作家
壇蜜
出版社
大和書房
発売日
2016-11-20
ISBN
9784479772057
amazonで購入する

壇蜜歳時記 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

壇蜜は、新作中心に読んでいる作家?です。本作は歳時記と銘打ったせいか、何時ものエッセイと違って、自虐少な目です。またエッセイだけでなく俳句と露出少な目のグラビア写真も味わえます。写真は、イメージフォトではなく、もっと季節に沿ったモノが良かったんじゃないでしょうか?今年あたりは、小説家デビューでしょうか?

2017/02/04

木村拓哉そっくりおじさん・寺

『壇蜜歳時記』という書名が良い。壇蜜さんの綴る四季なら読んでみたい。しかし夕刊フジ連載時には『壇蜜のもっとハァハァしてる?』という題名だったそうだ(笑)。本文を読めばこの書名の方が正解であるのがわかる。2016年の四季折々を数々の思い出と日常茶飯と共に。品良く絶妙なユーモアがあり、春夏秋冬のグラビアと一緒に1句ずつ俳句も詠んでいる。これもユーモアがある可愛いものである。クールで肚の据わった女性でありながら、不意に可愛い一言を書く。この知性と可愛げが一番の魅力だろう。この人の文章は愛読に値する。いい本。

2018/06/19

のぶ

「壇蜜歳時記」というタイトルの通り、睦月から師走までの章に分かれていて、そこに各2ページのエッセイというか、コラムのような文章が入っている。あまり季節には関係ないと思われる記載も多い。グラビアも挿入されすぐ読めてしまうと思ったのだが、想像以上に時間がかかった。それぞれの文章に何か引っかかり、読み流すことのできない一言が入っているのだ。これは過去に読んだ「壇蜜日記」のシリーズでも感じた。鋭い感性を持っている人で、一冊読み通してみると確かに歳時記と呼べるものになっていたと思う。

2016/12/24

くろにゃんこ

季節に合わせたエッセイ。彼女の語り口はやはり心地良く・・・心和みます。日記の方が私的には好きかな~(*^_^*)

2018/04/17

lonesome

「いやいやいや、それ大人のビキニだよ、娘っ子!ちょっと早くはないかい?」 を筆頭に、そうそうこれだって自分が初めて壇蜜師匠のblogを読んで面白いと思った頃のことを思い出した。 言葉の端々から頭の良さがうかがえるのは勿論のこと、地に足の着いた姿勢を感じるのは、編集の方が「壇さんの連載は、季節に親しむ心と思い出で出来ている」と言うように、自然体で生きていることが伝わってくるからなんだろうな。 そうそう、「アイデンティティーが揺らいだ」話も面白かったし、壇蜜着ぐるみもさすがの表現で素晴らしい。

2017/05/12

感想・レビューをもっと見る