読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

作家
ケリー・マクゴニガル
神崎朗子
出版社
大和書房
発売日
2015-10-22
ISBN
9784479794967
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

不安、プレッシャー、過去のつらい経験はエネルギーの源。私たちは、「ストレスは悪いもの」と思っている。しかし、その思い込みこそが有害だとしたら―? 本書では最新の科学的実験と実際のストーリーをもとに、「困難を乗り越えて強くなる方法」を解き明かしていく。

「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」の関連記事

「ストレスは悪いもの」は思い込み? 心身にダメージを与えるストレスを”力”に変える方法

『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』(ケリー・マクゴニガル:著、神崎朗子:訳/大和書房)

 人が人生のライフイベントから受ける“ストレスの度合い”について、数値化することを試みた研究がある。調査によれば、最もストレスの度合いが高い要因は「配偶者の死」、二番目は「会社の倒産」、三番目は「親族の死」とされている(出典:夏目 誠・村田 弘ほか(1998).勤労者におけるストレス評価法 産業医学30,)。

 私たちの心は“外からの刺激”を受けて反応し、感情や思考が生まれる仕組みをもっている。だが“刺激”となるストレスフルな出来事や逆境は予期せぬタイミングで訪れ、それを回避することは難しい。

 そこで最新科学の知見にもとづき、ストレスを“力に変えるための具体的な方策”を提唱している『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』(ケリー・マクゴニガル:著、神崎朗子:訳/大和書房)をひもといてみた。著者は心理学者であり、サイエンス・ヘルプのリーダーとしても世界的に注目されているマクゴニガル博士だ。

 本書はまず、ストレスに対する私たちの思い込みをくつがえすよ…

2017/7/20

全文を読む

関連記事をもっと見る

スタンフォードのストレスを力に変える教科書 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

混沌

前半、うんうんそうだよねって経験則と一致するなと思いつつ、かつそこまでか!と驚きながら読んだ。前著で著者がストレスについて悪く書きすぎているようなのが実は気になってた。「ストレスは人生のスパイス」というセリエの言葉を20年以上前から知っていたので。それでもちょうどストレス満載の時期に読んだのでものすごい前向きな気持ちになれた。闘争・逃走反応については知っていたが、それからずいぶんストレスの研究も進んでいるのにも感動。第5章が私には一番新鮮だったが、思い起こせば、確かにあの時…。また時間をあけて読みたい。

2015/10/27

ひろき

Audiobookにて。ストレスの全貌を科学し、ポジティブに再定義して力に変える。前書の意志力同様にケリー・マクゴニガルはマインドセット介入が上手い。ストレス反応には、体内の分泌物の違いから、①逃走・闘争反応、②チャレンジ反応、③思いやり・絆反応があり、どれも自分の力を最大限に発揮させるもの。よって自分の成長には欠かせない。ストレスは黎明期の極端な実験事実から避けるべきネガティブな事と捉えがち。しかし真実はストレスのない人生に幸せはない。但し、過酷な逆境を乗り越えるには自分自身がその事に気づくしかない。

2019/05/17

おいしゃん

書かれているのは、「ストレスは悪いものと思うから自らを蝕む。自分の力になるものだと信じよう」という一点のみ。従ってわかりやすくもあり、くどい印象もある。でも読んでから、見方が変わったのは事実だし、イライラする回数が確実に少なくなった。

2016/03/01

みうか

「ストレスは体に悪い」ではなく「ストレスや緊張が体に悪いと思いこんでいるその思考こそが体に悪い」という新しい側面からのアプローチ。仕事や人間関係のストレスを少しでもなくして、自分を癒すことばかり考えていた私には目から鱗の理論でした。これを読んでからは現場で緊張したり不安になったりしても不思議と平気になったし、逆にこの本で書かれている通り、心身共にしなやかさが出てきた気もします。単純かもしれないけど、この考え方をしてから前より物事をスムーズに処理できるようになったかも。何度か読み返したい一冊。

2017/10/17

みゃーこ

ストレスについての考え方次第で、体に現れるストレス反応は大きく変化する。チャレンジ反応と脅威反応。チャレンジ反応は思いやりとつながりを求める物質を脳内から作り出し、生きていく上で成長に役に立つのである。ストレスが役に立つのではなくストレスについての考え方とらえ方を変えることでストレスは味方にもなりうるし、生きがいにもなる。

2019/03/07

感想・レビューをもっと見る