読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

東京百話〈地の巻〉 (ちくま文庫)

東京百話〈地の巻〉 (ちくま文庫)

東京百話〈地の巻〉 (ちくま文庫)

作家
種村季弘
出版社
筑摩書房
発売日
0000-00-00
ISBN
9784480021021
amazonで購入する

東京百話〈地の巻〉 (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

犬養三千代

明治中頃から昭和初期に生まれた文学者らによるエッセイ集。知らない人物を調べながらの読書。庶民といわれる人はほぼいないということだ。東京帝大をはじめとするそうそうたる学歴。選ばれしエリート。「文学」を語る教養たるや半端じゃない。時折出てくる女給!娼婦たち。路地、銀座をはじめとする様々な土地の匂いがよくわかる。好きなのはつげ義春さんの戦後、ほんと庶民庶民しててほっとする。小学生が商売しているのがなんとなく浮かんだ。

2020/03/16

夢仙人

東京の散歩に使える本。

2015/01/11

ヒコ。

色んな文士の明治から昭和にかけての東京の思い出話、古き良き東京。いつごろの話かが分かるとなおよかった

2010/01/08

感想・レビューをもっと見る