読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

片目の哲学 (ちくま文庫)

片目の哲学 (ちくま文庫)

片目の哲学 (ちくま文庫)

作家
なだ・いなだ
出版社
筑摩書房
発売日
0000-00-00
ISBN
9784480028884
amazonで購入する

片目の哲学 (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

詠月

パパが娘にいつか読んでもらう為に書いた本、という態で少々ひねくれたパパが独白しています。実際に娘に読ませる時に、娘の年齢にもよりますが、憚られる内容もチラホラ。今となっては曾祖父からのメッセージでしょうし、古くさい本です。だけど笑える本です。ユーモアは時代によって左右されずに色あせないもの、かも?1983年刊行。

2013/06/14

しゅんぺい(笑)

最初のほうにあった、二つの目で見るほうが一つで見るよりも見えやすくなる、ということでもないよ、と書いているのがいちばんおもしろかった。全体的には、当たり前を疑うってことになるのかね。ありきたりではあるけど。

2015/10/21

感想・レビューをもっと見る