読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人はなぜ「美しい」がわかるのか (ちくま新書)

人はなぜ「美しい」がわかるのか (ちくま新書)

人はなぜ「美しい」がわかるのか (ちくま新書)

作家
橋本治
出版社
筑摩書房
発売日
2002-12-01
ISBN
9784480059772
amazonで購入する Kindle版を購入する

人はなぜ「美しい」がわかるのか (ちくま新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

蓮子

「美しい」がわかるとはどういうことなのかを論じた本。とても興味深いテーマでしたが、ややこしくてついていくのが大変でした。『「美しい」が分からない人というのは、「自分の都合だけ分かって、相手の都合が理解できない」という、いたって哀しい人なのです』『「美しい」は憧れでもあって、「憧れ」とは、「でも自分にはそれがない」という形で、自分の「欠落」をあぶり出すものでもあるのです』読んでいて、もしかして私は「美しい」が分からない人間なのかもって思ってしまいました。第3章の『徒然草』と『枕草子』の比較が面白かったです。

2016/04/12

ころこ

近代以前の理系的、神学的な「美」に対して、近代的な「美」とは、文系的な美である。文系的な「美」とは、文系の学問のように、何が美かというある決定的な定義について、その定義と異なる言説をつくることができることにある。つまり、言説がメタ化して「何が美かということを定義できない」ことが「美」の定義である。この実践として考えるならば、本書の冗長さは多少我慢できるかもしれません。

2019/11/08

猪子恭治

3.11から1年目の今日、腰痛にモタモタしながら、読み終える。1章の合理的が美しいに始まり、常に二重否定を繰り返しながら、論が進む。美しいが分からない人は、他者と出会わない人。2章の自分が美しいと出会った夕焼けと白い雲、青い空、幸福の経験のあることが、美しいに出会う条件。3章の歴史の背景にある美、美のただ中にいるのか、過去の美から遠くにあり、現状の市井に美はあるか。4章の美しいを実感させるのが愛情、それもただ見守る愛。あとがきの制度社会から近代が個を生み、非制度社会への移行の失敗が孤独を産み、自立と隔絶。

2012/03/11

どんぐり

「美しいは、人間関係に由来する感情だ」ということを、ああだこうだと論じた本。このテーマで一冊の本になるというのが不思議だ。まるで鷲田清一の哲学談義を読み終えたような読後感である。

2014/05/17

いわにほ

「美しい」はもともと博識をもった者が判断していた。それが民主化されてどんな人でも判断する機会が溢れた。結果、「美しいハズ」と時間的短絡を伴った判断が氾濫し始めた。それがノイズとなり審美判定が増々難しくなっている✦本書の論調は独特だった。これが橋本節なのか✦文書を積み上げて形が出来たかと思ったら「私はこうは思わない」と言い、積み木を崩す。とおもったら崩れた山の中に別の形ができている。ベン図でA且つBの話をしてたかと思ったら実はAではなくCだしBではなくAでしたって流れが続く✦エッセイだったのかもしれない。。

2020/01/30

感想・レビューをもっと見る