読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「母と子」という病 (ちくま新書1226)

「母と子」という病 (ちくま新書1226)

「母と子」という病 (ちくま新書1226)

作家
高橋和巳
出版社
筑摩書房
発売日
2016-12-06
ISBN
9784480069306
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

人間に大きな心理的影響を与える存在は、「母」である。人は、人生で一番大切な「安心」「甘え方」を母親に教えてもらうのだ。ここでは、母親を三つのタイプに分け、それぞれで子がどんな心の病になるのかを分析し、そして回復に至る道のりの違いを分析する。長年、診療現場で様々な「母子関係」を見てきた精神科医だからこそわかる、「母と子」という関係に潜む病と、その回復のヒントを示す。

「母と子」という病 (ちくま新書1226) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

豆ぽち

論理的具体的で、人間愛が伝わってくる。物質的、経済的発達は進んだ現代において、精神や心の研究については発展途上だと思っていた。この先生の本を読むまでは。こんなに明確に分かりやすく人間の心を体系立てて捉えることができるのだと、驚愕した。人間の心はインプット通りに反応するのであれば、虐待で精神が育てたなかった大人は、必ず回復への道程が用意されているということになる。そういう研究をしている先生がいるということに感謝し、 また人間の温かさを感じる。人類は助け合って生きている宇宙地球号の乗組員なんだな。

2017/05/13

はるわか

母親の役目は子を甘え(安心)させること、父親はがんばらせる(人生の闘い方を教える)こと。心の構造は母→父の順で構築される。心の世界は母系社会。子は母から人の温かさを学ぶ。感覚の共有、不満の解消法の会得。愛着関係。人間理解の土台:内的作業モデル。「この人は私の緊張を分かってくれる」というような人間理解。愛着障害。母親の3つのタイプ:親としての責任をもつ標準的なAタイプ、母子密着する親になりきっていない未熟なSタイプ、対人理解に障害があるDタイプ。

2017/03/30

こうちゃ

☆4 Aタイプ 親としての責任をもつ標準的な母親 Sタイプ 親になりきっていない未熟な母親 Dタイプ 対人理解に障害がある母親 ここでは、母親を三つのタイプに分け、それぞれで子がどんな心の病になるのかを分析し、そして回復に至る道のりの違いを分析する。長年、診療現場で様々な「母子関係」を見てきた精神科医だからこそわかる、「母と子」という関係に潜む病と、その回復のヒントを示す。具体的な模擬事例を挙げているので、同じ身体症状でも母親のタイプにごとよっての違いがわかりやすい。この本10年前に出版して欲しかった。

2017/02/10

ぷみら

Aタイプ→親としての責任感を持つ成人期の母親、Sタイプ→親として未熟な、心理的に学童期の母親、Dタイプ→対人理解に障害のある母親と、3つのタイプに分けて論じている。大学生の摂食障害の模擬事例のおかげで、母親タイプによってアプローチの仕方や回復の道のりが異なる点がとてもわかりやすかった。母親の自己の捉えなおし、生き直しで子どもが変わる。まさに子どもは親を写す鏡だ。人間の愛着基盤って何て深いんだろう。母子関係において何が健全で何が不健全なのかという点も、心理段階が論理的書かれていて勉強になりました。

2017/04/28

suzume

とてもわかりやすかった。甘えさせるとは、子どもの心を読み取って親が子に「なにかをしてあげる」こと、というのが目から鱗だった。そういう意味では生まれて初めて私を甘やかしてくれたのは夫だと思った。母からいつも分かりにくい子だと謗られていた私が今、夫から分かりやすいとからかわれる。人生は不思議だな、と思った。

2017/05/20

感想・レビューをもっと見る