読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

政治の哲学 (ちくま新書)

政治の哲学 (ちくま新書)

政治の哲学 (ちくま新書)

作家
橋爪大三郎
出版社
筑摩書房
発売日
2018-09-06
ISBN
9784480071705
amazonで購入する Kindle版を購入する

政治の哲学 (ちくま新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころこ

中国が覇権を握って現在のアメリカのポジションになったときに、他国は中国の価値観に付き従うのか。誰かがこの思考実験に対して答えたのは、中国の価値観に皆が従わないので、覇権は維持できないというものでした。アメリカは軍事力で覇権を握ったともいえますが、多くの国がアメリカの自由の価値観を指示しているから覇権を維持しているともいえます。4章でアメリカの銃規制について論じてます。アメリカでは、合衆国憲法修正第2条が銃規制合法化の障害となっています。と同時に、過去に挑戦を受け続けた独裁者から自由の価値観を守ってきたのは

2018/12/02

hk

今回の本読みでは、「受益者負担」と「納税者負担」という対立軸を得られたのが大きな収穫だ。乱暴を承知で峻別するならば、受益者負担とは市場の原理に委ねて経済格差を黙認すること、納税者負担とは政府が介入して富を均すこと。この受益者負担と納税者負担の綱引きが政治の大きなイシューだ。例えば昨今盛んに喧伝されている大学授業料の無償化とは、税金で全学生の面倒をみることなので納税者負担の政策となる。ここには機会の平等を担保するという眼目があるが、同時に「無料ならば行かなければ損」という不適切進学者を増やす苗床ともなる。

2019/09/16

ネムル

中高生の時分に読まれたい。

2019/07/23

まえだまさき@リクルート HRディレクター

あとがきにある「政治とキリスト教文明」が興味深かった。政治のメリットは、集団に秩序や推進力を生み出すこと。他方でデメリットは、ときに悪しきリーダーを生み出すこと。キリスト教では、自然権(神が人間一人ひとりに与えた権利で、他人が/のそれを奪ってはならない)によって、民衆がリーダーに対抗することが正当化されている。リーダーの意思決定は、神の教えの下にその正当性が問われる。こうした思想にもとづいて、キリスト教文明は憲法や民主主義、法の支配を作り出し、政治のメリットを大きく、デメリットを小さくしたのだという。

2018/12/02

ノブモリン

政治を巡る基本的な概念を分かりやすく整理。哲学というよりは政治学の入門書という方が適切。但し、所々、筆者の「思想」が事実として盛り込まれている点には留意する必要。そこさえ意識すれば、頭の整理には役立つ。「二大政党制では同じ党内に意見の違いの方が大きくなって当然」でり、党内の多様性を重視すべきとの意見は指摘としては納得。そうだとすると、比例代表制以上に、有権者不在で政策決定が行われてしまうのではないだろうか。

2018/12/01

感想・レビューをもっと見る