読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

問い続ける力 (ちくま新書)

問い続ける力 (ちくま新書)

問い続ける力 (ちくま新書)

作家
石川善樹
出版社
筑摩書房
発売日
2019-04-05
ISBN
9784480072207
amazonで購入する Kindle版を購入する

問い続ける力 (ちくま新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けんとまん1007

「では派」と「とは派」。最初は???、少し読み進めると、なるほど~と納得。予防医学者の石川先生との対談集だが、さすがに、知らない方ばかりではあったが、面白い。脳が、心が、バンバン刺激を受けた。果たして、自分はどっちなんだろう?100対0ではないと思うが、どっちの要素が強いのかと考えた。やはり、「とは派」の割合が大きくなるように心がけたいと思う。その先にあるのが、自分なりの考え方・動き方になるのだと思う。

2019/11/02

hk

知の知領域での思考、いわゆる知識の再現は現代人わけても日本の受験秀才が得意とするところだ。他方、無知の知領域での思考、さしずめ問題点を見つけだす知の創造は逆に大の苦手となっている。本書は後者の「問い続ける力=創造力」をテーマにした一冊。著者による論述と多くの識者との対談による二部構成だ。シンギュラリティ(技術特異点・汎用型AIの性能が人知を超える瞬間)がかしましく喧伝され、既存知識内の思索では人類がAIに太刀打ちできなくなるのが時間の問題である。だから創造力というものの価値が幾何級数的に高まっているのだ。

2019/08/21

seki

世の中には、問題解決しようとして、既存の知識を応用しようとする「では派」と、根本から新たな知識を得ようとする「とは派」があるという。著者は「とは派」であろうとし、問題を「〇〇とは何か」と問いつづけることの重要性を強調する。考えることのヒントがつまった一冊。後半の「とは派」であり、各分野で活躍する人々の対談集は非常に面白い。問題を本質から探すのは、ある意味、ストイックなことだと思う。しかし、本書に登場するトップランナーたちは、それを楽しんでいるかのよう。凡人との違いは、そこから始まっているのだと思う。

2019/09/23

tkokon

【根源的な問い】筆者の著作を集中的に読んでみている。対談集なので濃淡あるが、松嶋啓介氏は刺さった。○アートとは、「描いているのはあなた」(それぞれが感じるもの)『ゲルニカ』。○時代を共有(Con)するのがコンテンポラリー。○料理は「レシピ」や「技術」ではなく、「その土地のうまみ・薬味を表現」すること。○コンセプトというのは、共通のものをキャッチ(Cept)すること。●本書の主張の通り、何かにつけ抜けている人は根源的な問いから突き詰めて考えている。自分のそれは何か?

2020/11/21

Kazuo Ebihara

本書を読む前には著者のことは全く知らなかった。 9名の専門家との対談が気になり読んでみた。 思考方から、歴史、大局観、資本主義、 直観、文化、性、料理、確率論まで。 幅広いテーマについて、短い対談時間にも関わらず、 スリリングで濃い意見が交換されている。 著者は、東大医学部を卒業後、 ハーバード大学、自治医科大学で学び、 博士号を取得した若干38歳の予防医学者。 只者じゃない。

2019/08/19

感想・レビューをもっと見る