読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

荘子 外篇 (ちくま学芸文庫)

荘子 外篇 (ちくま学芸文庫)

荘子 外篇 (ちくま学芸文庫)

作家
荘子
福永光司
興膳宏
出版社
筑摩書房
発売日
2013-08-09
ISBN
9784480095411
amazonで購入する

荘子 外篇 (ちくま学芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

現代語訳のみ。よい生き方とは、あるがままによく生きること(019頁)。自然のままの生き方が実現された社会では、人々の生き方もゆったりとしており、その目つきも落ちついていた(030-1頁)。「ものごとの多様性をそのまま受け入れること、それを富という」(113頁)。富とは何か、では、ラスキンは生命としたが、ここでは多様性という解釈もあると知る。「虚心でいれば充実し、充実していればすべてが兼ね備わる。また虚心でいれば心静かになり、心静かであれば自由に動け、自由に動けば万事がうまく運ぶ」(181頁)。虚心が原点。

2013/10/06

jiroukaja

内篇に比べると雑多で日和見なものもあったりするけど、面白いものもあり一度はよんだろうがいいです。

2013/10/09

感想・レビューをもっと見る