読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

土門拳 写真論集 (ちくま学芸文庫)

土門拳 写真論集 (ちくま学芸文庫)

土門拳 写真論集 (ちくま学芸文庫)

作家
土門拳
田沼 武能
出版社
筑摩書房
発売日
2016-01-07
ISBN
9784480097118
amazonで購入する

土門拳 写真論集 (ちくま学芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

代理

文章が爽快。ただ、批評されてる写真が載っていない場合があってそれは非常に不満。「カメラはカメラであり、決してペンの代用品ではない」。絵葉書ではなく、退屈な記念写真でもなく、情緒的逃げでもない写真を撮ることのむずかしさ。

2016/09/14

Simon Dazai

日本を代表する写真家土門拳による誌上の写真選評をまとめたもの。これほどまでに丁寧にそして熱意を持ってアマチュア写真家への指導をした写真家は彼以外にいない。この選評の他にさらに重要なのが土門拳のリアリズム写真に対する評論。日本におけるリアリズム写真を頂点へと導いた彼の写真に対する考えをこの一冊で読み取ることができるのはなんと素晴らしいことか。まさに昭和の傑物と言うべき「土門拳」の哲学は、写真を撮る者なら一度は触れるべきである。

2016/12/15

感想・レビューをもっと見る