読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

間取りの手帖remix (ちくま文庫)

間取りの手帖remix (ちくま文庫)

間取りの手帖remix (ちくま文庫)

作家
佐藤和歌子
出版社
筑摩書房
発売日
2007-03-01
ISBN
9784480422897
amazonで購入する

間取りの手帖remix (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美登利

世の中には間取り図を読むのが好きな人がこんなにもいるのね!と感想数を見て思いました!もちろん私もその1人。物心ついた社宅に住んでた頃から、その後父が買った一軒家は建売だったので、自分の意見は反映されず、結婚してから建てた家はその過程の複雑さにかなり疲れ、結局有りきたりな形の家になってしまいました。だけどここまで気を衒った間取りが現実にあるなんて!丸いとかと尖ってる、実際はすごく使いにくいと思いますが、あれもこれも無駄無駄?と考えてたら人生ちっとも楽しくないですね〜、とても夢が広がり楽しい本でした。

2017/03/26

Kazuko Ohta

『真実は間取り図の中に』を読んだあと勢いづいて。全部で180頁足らず、そのほとんどが1頁につき1件の間取り図だから、30分もあれば一応「読了」はできます。しかし、間取り図の奥深さよ。何度でも繰り返し眺めたくなる。どの間取り図にもタイトルが付けられていて、最初の3件でふきました。ぐるり。つるり。ずるり。よくもこんなに楽しいタイトルを思いつく。「平成の人身御供」の記事は、ホントにあった話かと思ってしまいました。でも、六畳一間にそんなにワサワサと人は入って行けんやろ(笑)。妄想を掻き立てられる、愛おしい本です。

2018/11/08

ばう

★★★面白い。本当に面白いです。何故にこんな間取りの家を作った?という間取り図のオンパレード。各間取り図の下の一言がその間取りをドンピシャ表していてクスッと笑えます。どれも一筋縄ではいかない間取りばかりですがルーフバルコニー100帖の家とかワンルームだけど玄関から部屋まで異様に長い廊下がある家とか想像すると面白すぎてたまりません。間取り図好きな方は是非♡

2017/04/28

がらは℃

やっぱり間取りは面白い!眺めているだけで、いろいろや邪推をしてしまったりするから不思議だなあ。ベランダ50帖とかって、凄いよなあ。

2010/11/13

【再読】昔手放したがまた読みたくなり図書館で借りた。変わった、面白い、不思議な間取りを集めてあり、これが実在というから驚く。1頁に間取り一部屋と一言コメントが書いてあるだけなのでサクサク読めそうな感じだが、これが実際に住む事を想像したり、一見分からない奇妙な場所を探しながら読むのでなかなかそうでもない。ここはこうやって工夫すればいけるとか、これはタダでも無理かもとか考えていると時の過ぎるのが早い。対談にあった、扉を開けるといきなりコンビニのアパート(架空)が好き。031の2KはNANAみたいで少し憧れる。

2018/07/15

感想・レビューをもっと見る