読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

コンパス・ローズ (ちくま文庫)

コンパス・ローズ (ちくま文庫)

コンパス・ローズ (ちくま文庫)

作家
アーシュラ・K・ル=グウィン
Ursula K. Le Guin
越智道雄
出版社
筑摩書房
発売日
2013-02-01
ISBN
9784480430274
amazonで購入する

コンパス・ローズ (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

拓也 ◆mOrYeBoQbw

SF短篇集。”ゲド戦記””ハイニッシュ宇宙”などのシリーズで知られるル=グウィンですが、短篇ではよりニューウェーブSFの真骨頂を味わえるのが特徴です。私小説やロードムービー調の書き出しから徐々に終末世界やディストピアが明らかになる作品や、アニメ『サイコパス』の原型とも言える短篇『SQ』。女性だらけの宇宙船で起こるフェミニズム・コメディ『船内通話機』。様々なメタファーとアイディアが込められた作品群で、まだまだ実験的な読み辛さもありますが、純粋にエンタメとして読んでも成立しているのが流石ですね(・ω・)ノシ

2019/03/26

波璃子

難しいものが多いル・グィンさんの作品の中でも特に難解。各章に「西」「天頂」といった方向を示す言葉が振ってあるのが素敵でたまらない。「風の十二方位」でも思ったけれどこの人は長編だけでなく短編も読者を惹きつけるのが上手い。「アカシヤの〜」や「欲望の通路」に見られる言語学が織り混ぜられたものをはじめ、「ザ・ワイフス・ストーリー」にかけられた叙述の魔法、「目の変質」や「SQ」といったSFものの奥深さ。まさに物語を航海するための羅針盤のような一冊だった。

2015/05/06

けいちゃっぷ

目次にサブタイトル風に「天底」「北」などとあるので連作短編かと思ってたが、途中で単発じゃないのかと気づく。 20編もあるので玉石混淆というか、なんとか理解できたようなのと投げ出されたようなのが混在。 一言で済ますなら「疲れた」。 446ページ

2014/12/28

Valkyrie

「ゲド戦記」のル=グウィンの短編集。自分の感覚とちょっとズレてるのか短編なのに読み終えて「?」となって、記憶に残りそうな作品が少なかったのが残念。それでも「バラの日記」「欲望の通路」「グイランのハープ」は好き。「船内通話器」「スール」は特にそうだけど女性の存在を推してくる作品が多いのでそういうテーマの作品集なのかな。

2019/06/25

pyoko45

SF・ファンタジーの色は薄く、はなしの道筋も見えにくいものが多い。読み終えて解説などを見てから「ああ、そういうことだったのね」とわかるものも少なからずあり、面白かった!と手放しで言えるほど、わたしは良きル=グウィン読者ではなさそうだ。

2017/02/12

感想・レビューをもっと見る