読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

人は変われる: [大人のこころ]のターニングポイント (ちくま文庫)

人は変われる: [大人のこころ]のターニングポイント (ちくま文庫)

人は変われる: [大人のこころ]のターニングポイント (ちくま文庫)

作家
高橋和巳
出版社
筑摩書房
発売日
2014-12-10
ISBN
9784480432292
amazonで購入する

人は変われる: [大人のこころ]のターニングポイント (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

豆ぽち

運命は変えられるか。筆者は、確信を持って「変えられる」と、説く。生きてる間にこの本に出会えて良かった。また読む。

2017/05/13

ジュリ

気持ちの持ち方で免疫力が高まったり、プラシーボ効果が表れたりするのだから、気持ちの持ち方や解釈の仕方が変われば人は変わるのかもしれない。

2018/11/06

たけはる

ちょっと専門的なところもありましたが、読んでいたら愉快な気持ちになります。(funnyではなくinterestingに近い方で)「人ってすげー!」あるいは「おもしろい」と思う力をもらえます。

2017/08/27

イカカイガカ

様々な人の悩みに関わってきた精神科医が、「人は成人後にも、心の本質的な部分から変わることができるのか」について考察し、答えを導き出している。「人の心」を深く掘り下げていく筆致は、哲学書のような趣きさえ感じさせた。〈どうせ変えられないのなら、私はもう何をやってもいいのだ、と悟った私は運命から自由になる。自由になった私は、自分を好きなように変えはじめる〉〈絶望することのできる人は、それを受け入れ、最後には乗り超える。私たちは絶望を通り過ぎることによって、運命を知らなかったときよりも、ずっと主観的となる〉

2016/04/11

Noel

最近のもやもやを解決したくて。わかるわかると読めるところもあるのですが、その先を知りたい、という所が分からず…。じっくり考えてみないとだめみたい。少し時間を置いて再読します。

2015/01/21

感想・レビューをもっと見る