読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幕末維新のこと: 幕末・明治論コレクション (ちくま文庫)

幕末維新のこと: 幕末・明治論コレクション (ちくま文庫)

幕末維新のこと: 幕末・明治論コレクション (ちくま文庫)

作家
司馬遼太郎
関川夏央
出版社
筑摩書房
発売日
2015-03-10
ISBN
9784480432568
amazonで購入する

幕末維新のこと: 幕末・明治論コレクション (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

面白かったです。幕末維新に関わった志士たちを史実的に語っていて、小説とはまた違った魅力を見せてくれました。司馬作品の中心になりうる人物は勿論、傍にいる無名の人にもあたたかい眼差しを注いでいるので、幕末の人々の風景が目の前に浮かんでくるようです。それにしても坂本龍馬への想いはやっぱり凄いですね。龍馬についてはかなり語り方が思い入れのあるように感じます。『竜馬がゆく』を久々に読みたくなりました。

2017/03/03

レアル

こちら著者関川氏編、司馬氏のエッセイを集めた作品。龍馬旅の予習として、そして「西郷隆盛」を読むバックグラウンドの予習として読む。こちら表紙の人物通り、龍馬についてと司馬氏の竜馬についても併せて描いているのが印象的。徳川から薩摩、長州、土佐、会津や新選組等の幕末活躍した人たちも活き活きと描かれている。エッセイで読み易いし、様々な人たちの物語を楽しめるのもお得感がある。幕末!いいなぁ。。

2017/08/07

ロマンチッカーnao

司馬さんの幕末に関するエッセイ、講演、あとがき等を集めた本。そのどれもどこかで目にしたものです。でも、ぐっと引き込まれてしまいます。龍馬、晋作、小五郎等々の人々、そして、それに敵する、新選組、そのどっちもが、司馬さんが語ればいいやつで、司馬さんの愛情ももちろんですが、読んでいるこっちまで愛情深くその人物に傾倒していってしまいます。もうすぐ司馬さんの命日、菜の花忌ですね。感慨深いですね。

2017/02/07

時代

幕末・維新について書かれたモノをまとめたコレクション本。勿論既読の話ばかりだがここまでまとめられると、もうお手上げな感じで天晴れでした◎

2019/07/17

みち3

「無名の人」が司馬遼太郎さんだな~って特に思った。亡くなって20年以上経ち、司馬さんご自身が歴史上の人物になってしまっているのだが、その文章、語り口からは古臭さが感じられず、人物への愛情と同時に鋭い批評がとても心地よい。やっぱ、自分は司馬さんが好きなんだな~と再確認。

2017/10/14

感想・レビューをもっと見る