読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戦場カメラマン (ちくま文庫)

戦場カメラマン (ちくま文庫)

戦場カメラマン (ちくま文庫)

作家
石川文洋
出版社
筑摩書房
発売日
2018-06-08
ISBN
9784480434746
amazonで購入する Kindle版を購入する

戦場カメラマン (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

p-man

様々な顔が写されている。奇襲を受けて、窪地に伏せる兵士。捕虜となり暴行を受ける兵士。基地で神父と共に祈る兵士。目の前で親を殺されて泣き叫ぶ子供達。夫の墓の前で号泣する奥さん。銃弾で右手右足を失った小さな我が子の前で茫然と佇む父親。石川氏がベトナム戦争と周辺の紛争の最前線で命を懸けてシャッターを切った強烈な写真。そのドキュメントは淡々としていて、かえって緊迫感があり、銃声と爆発音が聞こえてきそう。実際に戦場に立たなければ書けないものだと思った。

2018/07/03

ベトナム戦争、カンボジア内乱で現地で何が起きていたかを詳細に紹介するルポルタージュ。多くの写真が文章に現実感を与え、現地の人々の悲壮感、兵隊のやるせなさ、ポル・ポト政権の言語道断の卑劣さが直に伝わってくる感じだ。これを読めば戦争の悲惨さを理解せざるを得ないし、徹底的な平和主義と反権力を肯定させざるを得ない。

2018/09/11

なんぶ

長かった。重かった。内容は重いはずなのに、文書が上手だからすっごく読みやすい。読んだという達成感はすごい。

2018/07/31

感想・レビューをもっと見る