読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

増補 頭脳勝負 (ちくま文庫)

増補 頭脳勝負 (ちくま文庫)

増補 頭脳勝負 (ちくま文庫)

作家
渡辺明
出版社
筑摩書房
発売日
2018-09-11
ISBN
9784480435392
amazonで購入する Kindle版を購入する

増補 頭脳勝負 (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

karutaroton

今日も名人戦を戦われている、渡辺さんの本。渡辺さんらしい、スパッと切れる感じの本でした。解説で大崎善生さんが例の事件にやんわりと触れられてたのにグッときた。多分文庫が出た時期は一番不調だった頃だと思うけど、そこから復活して実力である意味いろんな外野の声を消し、でも藤井くんに初タイトルを献上しと浮き沈み。でも浮き沈みできる世界に長期に亘りいられることがすごいな。引き続き将棋の世界は追っていきたいと思わせる本でした。

2020/08/07

緋莢

図書館本。2007年にちくま新書で刊行された『頭脳勝負』に加筆、修正、再編集を行った本。結構細かい部分が最新の情報になっており、第三章内のトップ棋士たちで紹介されている棋士たちの情報が新しいものになっている、さらに追加されているのは勿論、棋戦の中にちゃんと「叡王」も入っています。さらに第四章では、「第二一期竜王戦七番勝負 第四局」が新たに収録されています(収録元は『永世竜王への軌跡』)。『りゅうおうのおしごと!』でも 使われた、あの対局。あれを、僅かな時間で「見つけた」というのが凄いです(続く

2019/03/07

つくえくん

全体的に予想していたよりおとなしい。順位戦の改革(人数の多いクラスての対戦方式を変える)とか、プロ入り制度の改革のあたりは面白かったけど。あとがきで大崎さんが、三浦騒動でだいぶ傷ついたことへの思いを書いていて、それが読ませた。

2018/11/10

棋譜多目でどうかと思ったけれど。意外とざっくりとした功利で判断しているようで、こういうのは素人をわかったような気にはさせる。でもまあ、あの件をまたいで文庫化するのだから、何か言うのかなと思ったが、流石に無理か。解説で大崎善生が触れているけど、そうだよなあ。

2018/09/17

うた

意外と将棋初心者にも優しい一冊。渡辺棋王がプロ棋士になるまで、棋戦での駆け引き、段位と実力の違い、自戦記等々。やはり羽生さんとの対局には、双方屈指の実力者だけに熱いものがありますね。あと表紙がやたらと可愛い笑。

2018/09/10

感想・レビューをもっと見る