読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

談志最後の落語論 (ちくま文庫)

談志最後の落語論 (ちくま文庫)

談志最後の落語論 (ちくま文庫)

作家
立川談志
出版社
筑摩書房
発売日
2018-10-11
ISBN
9784480435446
amazonで購入する

談志最後の落語論 (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けん

★3.0

2021/09/25

すいへい

有名な「落語とは、人間の業の肯定である」の意味を深く知りたくて購入。「落語とは、非常識の肯定である」

2020/06/06

ctrl+alt+deb

絶対読んだことあるんだけど、つい文庫になるとなにかを期待して買っちゃう。新しい物語は出てくるハズないのにもしかしたら談志イリュージョンでとか

2018/11/10

やまねっと

談志の落語というものに対しての最期の評論だが核心は付いているが、まだまだ談志が生きていたらまたこの論評が変わっていったと思う。 ライブで落語を聴くと様々な感情と共に笑えてくる。談志の落語は考えながら聴くのでとても疲れる。 芸人特有の気質で気分が乗らないと酷いものになるが、いうのも芸人なのだとおもう。 何が言いたいかといえば芸人は一種特別な存在で、落語は大衆のモノ。談志は特殊だと言いたい。

2018/12/06

へいがぁ

単行本の再読。晩年の傑作だと思っています。

2021/01/19

感想・レビューをもっと見る