読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハモニカ文庫と詩の漫画 (ちくま文庫)

ハモニカ文庫と詩の漫画 (ちくま文庫)

ハモニカ文庫と詩の漫画 (ちくま文庫)

作家
山川直人
荻原魚雷
出版社
筑摩書房
発売日
2018-09-11
ISBN
9784480435460
amazonで購入する

ハモニカ文庫と詩の漫画 (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

keroppi

今日の仕事に疲れ、ちょっと気持ちを静めたくて寄った本屋。思わず手に取ったのは、「ビブリオ漫画文庫」でも見かけた山川直人の文庫本。太い線で描かれた、決して洗練されているとは言いがたい漫画。何とも懐かしい匂いがして、読んでいると癒されてくる。描いているのは、よく見ると現代のようだが、昔のようにも見える。人の暖かさを描いた時代遅れとも言える漫画が新しく見える。ちくま文庫に感謝。

2018/09/20

へくとぱすかる

版画のように描き込まれたタッチの絵が、レトロな雰囲気を漂わせて、詩や本をテーマにした作品にとてもよく似合う。街の人々が連作のように各話に登場するが、考えてみれば現実の生活はみんなそうなっていて、そこにどう光を当てるか、ということが作品にすることだと言える。もちろん創作としての手順とはちがうが、これは街が主人公の作品だ。菅原克己や山之口獏の詩世界のような。『日常の椅子』も読みたいと思った。

2019/06/30

勤労感謝の寺

この人の漫画は不思議だ。奇怪寸前の絵柄ながら、絶妙に可愛さと暖かさを保っている。とある商店街の人間模様を描いた『ハモニカ文庫』シリーズに、乱歩や尾形亀之助等の詩を漫画化した作品が3本付いている。本が好きな人、コーヒーが好きな人、ラジオから流れる音楽が好きな人、そういう人達の持つ良い雰囲気が充満していて、商店街がこういう話に有りがちな理想郷になっていないのが素晴らしい。でもきちんと文化の香りがする良い雰囲気がここにある。この何でもない事をまた見たくて繰り返し読みたくなる。味が無くならない漫画なのである。

2018/09/13

苺畑序音

読んでる自分まで優しくなったように感じる作品です。

2018/10/06

オスカー

普通にコミックスを買うよりこっちの文庫サイズの方が読みやすくていいかも。江戸川乱歩の「木馬は廻る」、漫画を読んだ後に青空文庫で読んだけど、漫画の方がドラマチックでラストは火曜サスペンス劇場のあの歌が流れてくるようだった。尾形亀之助「小さな運動場」菅原克己「〈贋札つくり〉について」もよかった。この二人についても知りたくなった。連作「ハモニカ文庫」に出てくる音楽は知らないものがほとんどなので調べて聴いてみたいし、出てきた本も読みたい。絵の雰囲気がとてもいい。「さよならの手紙」(15話)せつなさもあるけど好き✨

2019/02/05

感想・レビューをもっと見る