読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

方壷園 (ちくま文庫)

方壷園 (ちくま文庫)

方壷園 (ちくま文庫)

作家
日下三蔵
陳舜臣
出版社
筑摩書房
発売日
2018-11-09
ISBN
9784480435545
amazonで購入する

方壷園 (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

geshi

著者の歴史への造詣の深さとミステリ愛が注がれた短編集。唐代から戦中までどんな時代でも書けてしまう筆力と、不可能犯罪を自然に入れるミステリとしてのストーリーテリング、作品の質の高いこと。特に良かったのは、意外な犯人と状況を生かした物理トリックと抒情的な終わり方が見事に溶け合わさった『九雷渓』。密室のトリック解明から展開される犯人の告白が心に残る『アルバムより』。史実を基にした親子二代のクーデター劇の面白さが犯人の存在感を際立たせる『獣心図』。

2018/12/27

てんつく

上質のミステリを読んだという満足感でいっぱい。読んだことのある作品も、初読の作品もどれも面白かった。

2019/09/17

コチ吉

トリックもそれなりに読ませるが、なんと言っても物語の豊穣さと伏線からもたらされる結末の余韻がいずれも印象に残る。

2019/02/27

てら

陳舜臣は「歴史小説家」ではなかった!1960年代のミステリ系短編集だが、舞台がアジア全域の幅広い時代というところに驚く。そしてトリックの有無はあるものの、見事な「謎解き」が目白押し。かつて読んだ長編歴史ものも、どれもトリックや謎解きの要素があったことを思い、この人は本質的にミステリの人だったのだなと納得した。(編者・日下三蔵氏の解説でも裏付けられている)

2018/11/29

たけはる

むかし表題作『方壺園』の内容をたまたま知り、気になっていました(舞台が唐代、李賀のいとこが出てくる)。それがこのたび、ちくま文庫で復刊したようす。GWの帰省の友に買いました。やはり私には表題作がいちばん馴染みやすく、わくわくしました。他には『九雷渓』『アルバムより』が切なくて好き。『鉛色の顔』は登場人物の美青年女形がなまめかしく、情趣をそそります。中国演劇いいよね。

2019/05/12

感想・レビューをもっと見る