読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

パスティス (ちくま文庫)

パスティス (ちくま文庫)

パスティス (ちくま文庫)

作家
中島京子
出版社
筑摩書房
発売日
2019-04-10
ISBN
9784480435866
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

太宰、漱石、鴎外、賢治、芥川から、ドイル、アンデルセン、ケストナー、ベケットまで。古今東西の名作をもとに編み上げられた16のパスティーシュ小説集。禁酒時代にアブサンの代用酒として作られたパスティスが、以後もずっと人々の口を愉しませ、酔いを誘ってきたように、オリジナル作品を知らなくても、知っていればなお一層、小説の醍醐味を存分に楽しめる珠玉の作品集。

パスティス (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ままこ

サブタイトルの〈大人のアリスと三月兎のお茶会〉に惹かれて手に取った。中島さんらしいシュールで軽妙なパスティーシュ短編集。「Mとマットと幼なじみのトゥー」途中で気づいたけどあの作品が元ネタだったんだ…上手いパロディ化。「親指ひめ」などお伽話系は風刺が効いていた。「国際動物会議」オリジナルは知らなかったけどこの世界観は好き。文豪作品が多く知らなかったのが割とあり知ってればもっと楽しめたのかも。

2019/06/10

小夜風

【所蔵】いろんな作家の作品に対するオマージュというかパロディというか、遊び心満載な一冊でした。私はどちらかというとカバーとかリメイクとかパロディも、あんまり好きではなく、どうしたってオリジナルに敵う訳はないと思ってしまうのですが、この本は元の作品を殆ど知らなかったこともあってか、とても楽しく読めました。その作品を知らなくてもその作家の作風を知っていれば、あぁ凄い…ぽいわぁ…と驚きました。まるでその文豪たちが中島さんに憑いて書かせたみたいな…今も生きていれば本当に書きそうだと思うくらい、とても感心しました。

2019/05/17

しのぶ

書名及び副題が秀逸で、前から気になっていたのを文庫化を機に読んだはずが、なんだか妙な既視感が。これ、読んだことある? あるよね??(どうやらその様) 初読時は「動物会議」(と「富嶽百景」)が気に入っていたようだけど、今回は「裸の王様」が沁みました。糸を紡いで、染めて、織って、縫製して、というすべての過程がとても好ましく、それを生業にしているという村で私も暮らしてみたいなぁ、と強く深く思ったもので。彼らの辿った運命が、非常にリアルに感じられて。つらい。つらすぎる…。

2019/09/28

のりべぇ

世界の作品を、模倣したりパロディしたり…の短編集16編。よく解らないにところもあったが、こういうのは好き。宮本武蔵の”Mとマットと幼なじみのトゥーが特に好き。巻末にトリビュート作品一覧があるので、よりスッキリ。楽しかった。

2019/09/21

ゆきを

表紙が天才だなと思って、表紙含めてオマージュパロディ。

2019/07/14

感想・レビューをもっと見る