読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

上京する文學 (ちくま文庫)

上京する文學 (ちくま文庫)

上京する文學 (ちくま文庫)

作家
岡崎武志
出版社
筑摩書房
発売日
2019-09-10
ISBN
9784480436146
amazonで購入する Kindle版を購入する

上京する文學 (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

断じて自慢でも何でもなく、その逆(劣等感の類)なのだが、自分が東京生まれ東京育ちなので、地方都市の描写ができないというハンデがある。そこを何とかしないといけない。書いているものが薄っぺらいという自覚が自分にあるので。

2019/09/13

つくえくん

みんな東京を目指す。一度は。東京になにかがあると思うから。なにかがあると思う人たちが集まることで、実際なにか(に似たもの)が発生する。 だけど、それは本物でない。だから多くの人は東京を去る。去った後、東京に焦がれながら生きる人もいれば、東京を忘れてしまう人もいる。 それが東京。されど東京。

2020/05/21

ハルバル

「上京」を軸に語る作家論。論といっても堅苦しくはなく、いつもの岡崎節で読みやすい。明治期のモダン都市、そして現在の巨大な首都東京への憧れや複雑な思い、立身出世を夢見、または地方の閉塞感から逃れるようにやってきた作家たちの姿に共感できる。根っからの江戸人、東京人には真正面から東京を語るのは「照れ」があるという。郷土愛強い道民の私にはその気持ちはよく分からないものの、他者の目から見れば見馴れた景色も新鮮で驚きの的だというのはいつの時代も同じだろう。この中ではちょっとマイナーな野呂邦暢氏の著作が気になった。

2020/05/19

Ise Tsuyoshi

「上京」というキーワードで読み解く文学史。でも文学だけの話にとどまらないのは、誰もが「東京」というものへの憧れを抱いた時代があったからだろう。作家たちは「上京」や「東京」について、屈折した思いも含めて文章に刻む。同世代の人間にとって、その文章に触れることは、往年の自分の記憶を呼び起こすきっかけになると思う。本書への寄稿で重松清さんが言っているように、「帰郷する文学」もあったら面白そうだなあ。

2019/12/30

まこみや

かつて青雲の志という言葉がありました。今ではほとんど死語だけど。近代の日本では、文学に限らず、大志を抱いた若者は、東京へ、さらに西欧へ向かいました。その意味で「春樹から漱石まで」を上京する文学と捉えた岡崎さんのテーマは普遍性があると思います。今後、「上京」というテーマが現在も通じるのか、それともバブル崩壊の90年代以降変わってしまったのかという続編を期待しています。本文の中では、野呂邦暢さんの話が一番好きです。ここで取り上げているエピソードは以前、関口良雄『昔日の客』を読んで印象に残っていましたので。

2019/11/03

感想・レビューをもっと見る