読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

本屋、はじめました 増補版 (ちくま文庫)

本屋、はじめました 増補版 (ちくま文庫)

本屋、はじめました 増補版 (ちくま文庫)

作家
辻山良雄
出版社
筑摩書房
発売日
2020-01-10
ISBN
9784480436481
amazonで購入する Kindle版を購入する

本屋、はじめました 増補版 (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

元リブロ池袋本店のマネージャーだった著者が、新刊書店「Title」を開店し、運営していく過程を惜しみなく披露した一冊。本は読者と饒舌に対話するメディアであり、本を売るひとびとも、自然とコミュニケーション能力が高まり、発信していく傾向があるように思う。SNS全盛の時代となった今、この能力はとても強みとなる。この書店、お名前しか存じ上げていなかったので、是非訪れてみたい。

2020/01/24

ジュール リブレ

読書好きとして、本を書く人のことは良く考えてたけど、あの大好きなアナログな本屋さんのことを語ってくれる人は少なかったな。小学校の頃は、まだ地元の書店も残ってて、そこに通って棚の端から端まで眺めて過ごしたものだった。買わなくても怒らなかったオヤジも、立ち読みや本の置き方には厳しかったな。怒られて覚えたものだ。怖いオヤジも本好きには優しくて、シリーズものを続けて買いに行くとニコニコして、面白いかい?と問われて、逆に委縮したような。。。でも、未だに本は紙。アナログだけど、なんかあの手触りが離せない。

2020/02/11

ヒロキ

濃厚で奥深い。 書店員から本屋の店主へ。 色々な土地で人と出会い、様々な経験をした本屋についての情報がとても興味深かった。 自分にとっては本屋の裏側を見たというか、貴重な知る機会を得られて良かった。 準備ってほんとに大切だなと、当たり前だけど改めて思わされた。 これを読んだら、Titleまで行って必ず本を買いたくなる。

2020/03/09

taraimo

淡々とした文章の中に、ゆるぎない信念やこだわりが散りばめられていて、本屋の日常、店主さん自身の物語を堪能しました。長く大手の書店に勤め培った経験や知識は、本屋開業への下準備として追い風となったことでしょう。煮詰まった時には、奥さんの助言やアイデアに背を押され、二人三脚で営む姿勢が微笑ましい。夢を叶えてからの文庫増補章では、その後の課題や不安など本音が漏れ伝わり、経営者としての責任や孤独を推察します。でも企画やプロデュース力を活かし、秘めた次の計画や展望に繋げていくのだろうと思います。

2020/12/26

まさ☆( ^ω^ )♬

「続 日本の小さな本屋さん」に掲載されていたTitleという本屋さんの店主さんが書いた本です。とても面白かった。店主の辻山さんの誠実さや、本に対する愛情が伝わってきます。巻末の事業計画書は、業種が違ってもとても参考になりそうです。是非訪れてみたい本屋さん。こういう本屋さんのある街に住みたいなあ。

2021/05/05

感想・レビューをもっと見る