読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

思索紀行 (上) --ぼくはこんな旅をしてきた (ちくま文庫)

思索紀行 (上) --ぼくはこんな旅をしてきた (ちくま文庫)

思索紀行 (上) --ぼくはこんな旅をしてきた (ちくま文庫)

作家
立花隆
出版社
筑摩書房
発売日
2020-06-11
ISBN
9784480436658
amazonで購入する

思索紀行 (上) --ぼくはこんな旅をしてきた (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

風に吹かれて

「自分の肉体を移動させることで、文字通り視点を変えたら、見えるものがちがってくるにちがいない」(「序論」)、「私が関心をもっていたのは、主として…人類文化史上のさまざまなできごと」(同)。 本巻で面白かったひとつはヨーロッパのワインやチーズの醸造や製造に関すること。その土地の地質や天候などが葡萄を成育させ、そもそも牛や羊から搾れる乳の濃厚さが日本のものと全く違うなど、現地でしか知ることができない地域の文化。 イタリアでは銀行がチーズを保管して融資する。世界で食されているものの誇りのようなものを感じる。→

2022/05/23

ブラックジャケット

あまり文藝春秋などは買わなかったが、田中金脈問題が掲載された時は書店に買いに行った。30歳代の大ブレイク以来、様々な分野で「知の巨人」ぶりを発揮し、私の灯台になった。未刊行のエッセイを思索紀行と名づけ、一冊分はあろうかという序論とつけて再編集した。世はコロナ禍で、バーチャルな接触が優先される時代。しかし立花は「旅の巨人」でもあった。世界を本当に認識したかったら、必ず生身の旅が必要とする。正に慧眼で、及び腰のわれらを叱咤する。ワイン、チーズの食からキリスト教美術、反核無銭旅行と若いときから幅広くパワフル。

2021/01/02

ふみりな

知の巨人と呼ばれる著者だが、読書量の多寡ではなく、様々な実写を経験した積み重ねがベースになっていることを痛感する。強い好奇心、探求心も感じる。

2022/09/18

juunty

1980年代の話題が中心であるものの、海外がまだ狭かった時期なので興味深い記録になっている。そのうえで当時可能であった旅行のさらに裏側に触れるものがあり貴重な体験であると思う。

2022/01/19

フランキー

徹底的に現地を歩き回ること、現地の生活に溶け込むこと。学生時代に色々と作戦を練って、当時普通の人は手も出なかった海外旅行を実現した行動力、すごいなと思った。コロナで海外旅行はしばらくお預けですが、収束したら旅に出ようと思います。下巻へ続く。

2020/11/07

感想・レビューをもっと見る