読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

遠くの街に犬の吠える (ちくま文庫)

遠くの街に犬の吠える (ちくま文庫)

遠くの街に犬の吠える (ちくま文庫)

作家
吉田篤弘
出版社
筑摩書房
発売日
2020-09-12
ISBN
9784480436917
amazonで購入する

遠くの街に犬の吠える (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

南雲吾朗

素敵な小説である。広義的には恋愛小説になってしまうのかもしれないが、その枠に納まらずとにかく素敵だ。音で観る冴島君、強制的ではないが自分の思った方向に導く茜さん、代筆屋の夏子さん、主人公の吉田君、そして、私が何よりも素敵だと思う白井先生。登場人物がみんな個性的であるが凄く魅力のある人達であった。吉田篤弘さんは何でこんなにも楽しく、面白く、そしてちょっぴり切ないストーリ紡ぎだせるのか…本当に素敵だ。ふと思ったのだが、私にとって吉田さんの小説は、長い旅から帰ってきた我が家の匂いがする。どことなく安心するのだ。

2020/09/28

へくとぱすかる

所々に挿入されたモノクロームの写真。黄昏時の、現実と過去が奇妙に混乱して、自分がざらついた世界に溶解していくような感触。遠吠えの先にある、聴こえる限界ぎりぎりの音と読めない文字と同調するように、作者自身の登場する物語が進んでいく。写真が物語の装飾なのではなく、写真から読み取れる言葉を物語に再現してみせたような小説。夜半に静けさの中で読み終わると、入れ子になったエピソードが、何度も地と文が入れ替わっていくような、次元のちがう世界に連れていかれるような感覚にとらわれる。それは解読してはいけない言葉だったのか。

2021/04/14

優希

偶然に偶然が重なってできる美しい協奏曲のような物語でした。

2020/12/09

まひと

本作品に出てくる吉田さんは著者・吉田篤弘さんなのだろうか。白井先生とある人との手紙のやり取りが切なくて素敵。そしてページのところどころに登場する吉田さんが撮影した写真も素敵。文章と写真の組み合わせがなんとも堪らない。作中に登場する天狗の詫状は「ある」のか「ない」のか。私、調べました。ここには記しません。✕✕✕✕です。暖かな午後の陽射しの中でゆっくりと読むのに相応しい、そんな1冊です。

2021/02/28

こぎんちゃん(旧さめたろう)

これを演劇で観てみたい。偶然なのか必然なのか、それぞれに繋がりを持った人々が織り成す、ささやかな恋と少しの冒険の物語。遠くの誰かの呟きは、犬の遠吠えのように聞こえるに人には聞こえる。聞けていないだけで、呟きは消えてなくならないんだ、という解釈がとてもいい。★3

2020/12/07

感想・レビューをもっと見る