読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

翻訳教室 ――はじめの一歩 (ちくま文庫)

翻訳教室 ――はじめの一歩 (ちくま文庫)

翻訳教室 ――はじめの一歩 (ちくま文庫)

作家
鴻巣友季子
出版社
筑摩書房
発売日
2021-02-13
ISBN
9784480437143
amazonで購入する

翻訳教室 ――はじめの一歩 (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

テレビ番組の企画として、小学生の子どもたちと『The Missing Piece』を翻訳するという試みを通し、翻訳とは何かを見つめる。この本を通して、いかに自分の頭が硬くなっていたかよくわかった。英文法未学習の小学生のほうが、よほど良い訳文を作成しているのだ。英文との向き合い方から見つめなおしたほうがいいのかもしれないと反省し、しかし同時に英語学習に対してかなりポジティブになれた。この作品に感謝したい。

2021/02/17

Takanori Murai

小学6年生に行われた、英語の翻訳の授業。子供たちとのディスカッションは興味深い。これはこのテーマに限らず参考になる導き方だと思う。「翻訳とは深い読書」とある。私は英語を読むことはまずないのだが、翻訳できるほどの深い読書はしていきたいものだ。この本は外国語の翻訳を目指す人はもちろん、小学生に授業を行う機会のある人は読むと良いだろう。あるいは、英語を学ぶ意義に疑問を抱く中高性にもお勧めしたい。

2021/04/12

まこみや

授業の成功は生徒の協働いかんに関わっている。その意味で生徒とはスポーツやコンサートの観客のような存在ではなく、むしろ同じ舞台に立つ相手の役者とかスリリングなゲームを競う対戦者のような存在だ。つまり実りある授業とは教師の側の一方的な講演ではなく、講師と生徒の双方向的なスパイラルな上昇運動によって初めて達成される。この本の魅力はひとえに赤堤小学校6年2組の生徒の一つ一つのすばらしい実践にある。そしてそれを可能にしたのは、生徒の想像力と読解力を信じて一緒に「翻訳」を考えていこうとする鴻巣さんの姿勢があるからだ。

2021/06/04

やまやま

「的確に読む」ことを勧めると書いてはあるが、著者はまずは感性を手掛かりに作文から小学生の指導に入るので、若干理屈と実践は違っているのかもしれない。個人的には翻訳は可能な限り原文の著者の意図を反映するように努力すべきと思うが、言語で表現する以上話し手(翻訳者)のスタイルはにじみ出てくるもので、そのぶつかる二つの価値観、緊張感といったものを大事にしたいという意図は理解できる。ところで、本書はもともと新書で出版されたものであるが、文庫で読むと版組・レイアウトといったものがかなり異質になることが今回気になった。

2021/08/05

なっき〜

仕事で、子供向けの翻訳を担当する事になったので、参考にしたくて読んでみました。和訳と翻訳は違うもの。じゃあ、翻訳ってどうすればいいの?というところが、詳しく書かれています。翻訳の話だけでなく、為になる言葉がたくさんあって、すごく良かったです。「想像力の壁を越えて、他者を理解する事はとても難しい。だからまずは色々な感情を経験すること」という言葉が、とても響きました。仕事がきっかけでしたが、翻訳に興味が涌いて来たので、また色々関連書籍を読んでみようと思います。

2021/05/04

感想・レビューをもっと見る