読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

眼の冒険 ――デザインの道具箱 (ちくま文庫)

眼の冒険 ――デザインの道具箱 (ちくま文庫)

眼の冒険 ――デザインの道具箱 (ちくま文庫)

作家
松田行正
出版社
筑摩書房
発売日
2021-03-12
ISBN
9784480437419
amazonで購入する

眼の冒険 ――デザインの道具箱 (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

デザインと美術を中心にしたエッセイ。扱う範囲の広さもすごいが、何よりもオタク的興味をそそられるテーマが続々登場。決して飽きません。かなり前の坂根巌夫の本に、このような取り組みのものがあったと思う。安野光雅・森毅両氏の著作にも通じる、「数楽」の視線が楽しい。暗号・創作文字・デュシャン・図形パズル・ガモフ・眼球運動・宇宙論などなど、多岐にわたる話題とカラー図版が見事。最大の驚きは小口に二枚の絵画を隠しつつ表しているお遊び。現代の製本・印刷のアイディアはすごい。文庫版でここまで可能にしたことにも脱帽だ。

2021/03/31

有理数

「眼の冒険」と題するように、ただ漫然と「見ている」というところからさらに領域を広げてゆくデザインエッセイ。ロックミュージック、ミステリ小説、映画、建築、世界史、物理など、あらゆるところに話題を押し広げながら、多種多様な分野の「相似」を掴み取っていく。例えば、イギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリンが則天武后に繋がったり、一見繋がりそうにないものが著者の発想力で見事に重なる。ひとつひとつがさらっと書かれているのは少し残念だが、人間の「創造」の営みがどこまでも繋がることが体験できる一冊。造本も素晴らしい。

2021/07/13

masabi

【概要】デザイナーによるデザイン・美術のエッセイ。【感想】フルカラー、小口に肖像画が配される豪華な文庫本となっている。テーマに沿って、作品や書籍から連想が飛躍する。

2021/03/30

イワハシ

毎回テーマを決めてそれに関する図版を集めて並べて楽しむ本。とても面白い。見ているだけで楽しく、そこから勝手に思考を進めてもいい、使える一冊

2021/05/10

totuboy

そうか、デザインと=人間か、と思える本。そもそもなぜそのようなデザイン、形になっているのか。形があるから私たちがそこから感じることができるのか。それとも人間の、自分自身も気づいていないような無意識な部分がデザインとして形に表れるのか。最後のナチスの党大会での光の棒と、ニューヨーク同時多発テロの後のワールドトレードセンターの跡地に照らされた光。ファシズムと自由民主主義国家の両方で同じようなデザインが見られたことは偶然なのか。はたまた必然なのか。

2022/02/05

感想・レビューをもっと見る