読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

宿で死ぬ ――旅泊ホラー傑作選 (ちくま文庫)

宿で死ぬ ――旅泊ホラー傑作選 (ちくま文庫)

宿で死ぬ ――旅泊ホラー傑作選 (ちくま文庫)

作家
朝宮運河
出版社
筑摩書房
発売日
2021-06-14
ISBN
9784480437464
amazonで購入する

宿で死ぬ ――旅泊ホラー傑作選 (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちょろこ

暑いからホラーの一冊。宿を舞台にした豪華作家陣粒ぞろい短編集でしばしヒンヤリ。日常から抜け出せる束の間のひととき。それが旅であり宿。その宿が、非日常さえも超越して恐怖の場所へと変わるその怖さを味わえた。彼岸と此岸の交錯、女の内に燻る埋み火の恐怖、実話だというホテル怪談が印象的。綾辻さん、山白さん、都筑さんも良かったな。この作家順構成も巧く、今までこの物語に流れていた恐怖時間は何だったんだろうと全てを白昼夢で包むような小川さんの〆も良かった。宿の裏スペシャルプラン"ザ・異界へのおもてなし"を体験した気分。

2022/07/02

KAZOO

旅先でのホラーで11人の手練れの作家さんが書かれています。遠藤周作、恩田陸、半村良、都築望夫、小川洋子など読ませてくれますが、一番怖いと感じたのは福澤徹三の「屍の宿」でした。最後で場面が変わってしまうのと、それまでの宿の従業員も本当に生きている人間なのかもわかりません。

2021/10/28

こら

『家が呼ぶ』が名アンソロジーだったので、今作も安心(?)して手に取れました。テーマが宿だと、「以前この部屋で客が自死を~」とオチがつくのを想像しがちだが、実はそんなベタは少ない。まさしく反転が鮮やかな「屍の宿」、ホテルマン視点から不穏さを積み重ね、最後は読者を突き放す「深夜の食欲」、リゾートホテルで出会ったある中年女性を描く、奇妙な味「トマトと満月」等バラエティは豊富。宿を舞台に様々な角度から、恐怖が忍び寄って来る。名作揃いと思ったら、編者は角川ホラー文庫のベスト集と一緒の方なんだ、なるほど!

2021/08/29

HANA

前作『家が呼ぶ』が安住の地が無くなる怪異なら、本書は旅先にも逃げ場がない事を示した一冊。少し昔の作品から最近のものまで収められた作品は幅広いが、個人的には昔の作品に洒落たものが多いイメージ。半村良「ホテル暮らし」とか最後の一行がとても良いし、遠藤周作「三つの幽霊」のリヨンの話とか雰囲気をここまで仕立て上げられるのは流石の筆力である。最近の作品に目をやれば恩田睦「深夜の食欲」とか映画を見ているようだし、福澤徹三「屍の宿」も宿の嫌さ加減は格別。実話怪談もあるし、読むと旅に出るのがとても嫌になる一冊でした。

2021/06/28

ニカ

「宿」「ホテル」をテーマにした怪談集。「残り火」「屍の宿」「封印された旧館」が好み。何回か1人で旅館やホテルに泊まったけど、幽霊とか信じていなくても、何処か不気味な感じのするホテルや旅館はあるなぁ。とくに旅館の方が1人の夜は怖い。

2021/07/24

感想・レビューをもっと見る