読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

愛についてのデッサン ――野呂邦暢作品集 (ちくま文庫)

愛についてのデッサン ――野呂邦暢作品集 (ちくま文庫)

愛についてのデッサン ――野呂邦暢作品集 (ちくま文庫)

作家
野呂邦暢
岡崎武志
出版社
筑摩書房
発売日
2021-06-14
ISBN
9784480437495
amazonで購入する

愛についてのデッサン ――野呂邦暢作品集 (ちくま文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

石川佳純ちゃんそっくりおじさん・寺

『愛についてのデッサン』は、みすず書房版で読んでいたが、こうした新しいパッケージのお陰で気持ち良く再読できた。二十代の若き古本屋である主人公・佐古啓介が謎解きする連作小説。通俗的だと評する人もいる。編者の岡崎武志もテレビのサスペンスに例えて いる。でもそれがいいとしか私には言えないのだ。謎解きながら大袈裟なところは全くない。どの話も良い感じで小さく畳むように終わる。亡父のルーツを知る最終話ですら、些細に終わる。佐古啓介の人生はその後も続くのだ。少し欠けて少し足りないこの小説は、それ故に読み飽きぬ永遠だ。

2021/07/02

ちゅんさん

表題作はかなり好みの連作短編だった。若き古本屋店主が人間・恋愛模様や謎を古書を通して解き明かすという本好きには堪らない内容。登場人物も感じが良く人間の機微がちょうどいい塩梅に描かれていて読んでいて心地よかった。“旅は一人に限る。なぜなら、二人でしたならばもっと愉しいに違いないと思うことが出来るから”など作中の会話も素敵で今年を代表する一冊になりそう。

2021/06/23

くさてる

表題作がやはり素晴らしい。でも、ずっと昔に初めて読んだときの感動とまた違う気がして、読む人間の年齢によって色を変える話なのかもしれないと思った。シリーズ以外の短編で参ったのは「鳩の首」いやもう「鳩の首」。奇妙な味、というにはあまりに激烈な味でした。幅広く著者の世界を楽しめるおすすめの一冊です。

2021/07/28

yumi✽.。.:*

父の古書店を継いだ25歳の店主が、本にまつわる様々なエピソードの解決。毎日のことは、ささやかなことなんだけど、その積み重ねがその人の人生で、物語なんだと思った。ちいさな思いが本と繋がって、友だちに巡り会えたような気持ちになることは、よくある。だから、たくさんの新しい本を読んで、大切な本を何度も読み返す。関口良雄さんの昔日の客、読まなきゃ。

2021/07/07

アヴォカド

『愛についてのデッサン』が文庫になる日が来るとは、本当に驚きだ!しかしなんと言っても一番驚いたのは、佐古啓介が26歳だったこと。何度か読んでいるのに、佐古は若さはあるけれど落ち着いた物腰で思慮深いイメージで、30代後半から40歳と思い込んでいた。ということは、出てくる友人や妹や女性なども20代ということだよね。なんて大人なんだ。セリフや物腰が落ち着いているので、ゆったりしっとり読める。やはり、よくもわるくも現在の日本人は若く幼くなったよね、としみじみ思ってしまった。

2021/06/26

感想・レビューをもっと見る