読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神田神保町書肆街考 (ちくま文庫 か-27-2)

神田神保町書肆街考 (ちくま文庫 か-27-2)

神田神保町書肆街考 (ちくま文庫 か-27-2)

作家
鹿島茂
出版社
筑摩書房
発売日
2022-10-13
ISBN
9784480438317
amazonで購入する

神田神保町書肆街考 (ちくま文庫 か-27-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まさ☆( ^ω^ )♬

学生時代から社会人序盤(1980年代中盤~2000年頃)にかけ、神保町に通い続けていました。沢山の思い出がある愛着ある街の成り立ちについて書かれた本書。書店で見つけ即買いでした。積読にせず直ぐに読み始めましたが、物凄い分量に怖気づき、1日1章をじっくり味わいながら読みました。幕末から昭和にかけて、神保町が古書の街となる経緯が良く分かります。とても興味深い話の数々で楽しい読書になりました。あとがきでALL REVIEWサイトとPASSAGEという共同書店の存在を知り、これは神保町へ行かねば!と思っています。

2022/11/14

Go Extreme

神保町という地名: 蕃書調所の設立  明治十年前後の古書店: 明治二十年代の神保町 神田の私立大学: 漱石と神田  神田神保町というトポス: 中華街としての神田神保町  古書肆街の形成: 神田と映画館  戦後の神田神保町: 昭和四十〜五十年代というターニングポイント

2022/11/13

感想・レビューをもっと見る