読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

源氏物語の教え――もし紫式部があなたの家庭教師だったら (ちくまプリマー新書)

源氏物語の教え――もし紫式部があなたの家庭教師だったら (ちくまプリマー新書)

源氏物語の教え――もし紫式部があなたの家庭教師だったら (ちくまプリマー新書)

作家
大塚ひかり
出版社
筑摩書房
発売日
2018-03-06
ISBN
9784480689993
amazonで購入する Kindle版を購入する

源氏物語の教え――もし紫式部があなたの家庭教師だったら (ちくまプリマー新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

紫式部は20代後半で父親程の夫と結婚し、夫の死後子供を抱え学問と物語の力で藤原道長ら大貴族に重用された。彰子の家庭教師となった彼女が書いた「源氏物語」は女性への指南書となり、多くの教訓を示す。平安時代のセクハラ・不倫がまかり通っていた時代に女性がどう生きるべきなのか?源氏に愛された多くの女性たち、宇治十帖で浮舟に薫と匂宮の関係、現代にも通じる教えが散りばめられている。“わりなしや人こそ人と言はざらめみづから身をや思ひ捨つべき”紫式部集。自分を人間扱いしよう。源氏物語を訳した著者ならではの深い洞察が心に響く

2019/10/29

ユウユウ

最新作?今までの大塚ひかりさんの著書をある程度まとめてちくまプリマーらしく、わかりやすく書き下ろしてある。源氏物語関係の本を読むと、とにかくこの話が1000年以上前に作られたということに驚愕しますね。

2018/08/07

霧凛

「古典はセクハラ・レイプだらけ」という、当たり前のようであまり語られぬ視点からの筆者の主張は興味深かった。ただ、丁寧に女性たちの心情描写を引用して論証しようとしているのは良かったが、異なる"文化・常識"に対して現代の(日本の)感覚から男たちの行動を悪として断罪するような雰囲気には違和感を覚えた。プリマー新書として出ているので中高生向けだとしたら、個人的には岩波ジュニア新書の川村裕子さん『平安女子の楽しい!生活』の方がお薦めしたい本かも。(というかこれを読むと古典の勉強したくなくなるんじゃ?笑)

2018/06/26

e

源氏物語について実用的な目線で書かれた本でした。平安貴族というと優雅で煌びやかなイメージしかありませんでしたが、実際は色々と苦労も多かったのですね。そんな中でも精一杯生き抜く登場人物たちからは学ぶことが多いと感じました。何か悩むことがあればこの本を読み返したいです。

2018/05/18

さいちゃん

源氏物語というと光源氏を中心に女たらし、女性遍歴物語的にとらえていたが「女子が幸せをつかむには」の答えが導かれていて、実は現代にも通じる教えがあり源氏物語への見方が変わった。結論が出た時点でようやく面白みに気付いた。

2018/12/29

感想・レビューをもっと見る