読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

彼女たちがやったこと (単行本)

彼女たちがやったこと (単行本)

彼女たちがやったこと (単行本)

作家
唯野未歩子
出版社
筑摩書房
発売日
2018-11-23
ISBN
9784480804839
amazonで購入する

彼女たちがやったこと (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あも

上手な小説か、と言われるとそうでもないけど、牽引力があり一気読み。才色兼備で玉の輿の詩織と何も持たずアル中の夫に激しいDVを受ける紀子。対照的な2人は親友。しかしどちらも夫は最低。そこから抜け出すため『彼女たちがやったこと』とは。それ自体もうわぁ…だけど、これでもかと出てくる不快な人々に胸糞の悪さが大変なことに。なのにやめられない止まらない。どいつもこいつも報いを受けろ!どうしてイヤ~な話ってこんなに面白いんだろう。なんて後ろめたい喜びを感じていたらあのラスト。上手く騙されて爽やかささえ感じるような気分。

2019/02/13

野のこ

唯野さんは3冊目。装丁に惹かれて借りました。絵の女性は紀子と詩織かな。ふたりを含め出てくる人はみんな変わってて共感できなくて、姑にも総菜屋の後輩にもイライラ。特に浩二に関してはむっちゃ腹が立ったし、さっさと別れない紀子も紀子よ!って思った。でもなんだかんだで読み終わった後味はそんなに悪くなくて涼しい夜風に当たったみたい。薫子ちゃんの未来に応援。息子ふたりもぐれずに育ってほっとしました。スピカの星、見つけてみたいです。

2019/01/09

えりこんぐ🐤

タイトルが気になり手に取った。それぞれの夫に不満を抱いている詩織と紀子。見た目も性格も正反対のふたりは、ある計画を実行する..これは夫たちへの復讐だ。これって復讐になるのかな? 悪い結末しか想像できない。そして初めての裏切りから12年後、ある意味意外な展開だわ。詩織の変化がとても逞しい。登場人物の誰にも共感できなかったが、彼女がいちばん純粋だったのかも。そうだね、紀子は「ちょっとおバカさん」だね。

2019/02/07

四つ葉🍀

犯罪の香りがプンプンするタイトル。彼女たち一体何をやっちまったの?とドキドキしながら読み進めた。 それダメなやつじゃん!誰一人幸せになれない未来がたやすく想像出来るのに何故?容姿にも恵まれ裕福な家庭で育った詩織とブサイクで貧乏、性格にも難ありの紀子、互いにメリットを見出しながら親友になった二人だがその信頼関係はいつしか憎悪に変わって行く。二人を含め登場人物全員が癖が強すぎて良い人が誰も出て来ない。人間って間違う事なんて多々ある。でも形を変えて跳ね返って来る代償は重い。初読みの作家さんだったが一気に読めた。

2019/01/27

Zann

☆☆☆☆☆途方にくれた紀子が連絡したのは、かつて自分が裏切った親友詩織。不穏なタイトルに浮かぶこの彼女たちは何をやったのか?主人公の二人がとにかく嫌い。夫にもムカつく。それぞれの家族も嫌だ。グロい表現があるわけでもないのに、ひたすら嫌悪感しか湧かない。なのに、このどうしようもない吸引力。一気読み。話は面白かったが、ラストでの雰囲気に何か騙された気がする。ただ私がそう感じるだけだが。久々にどう感じていいのかわからない本だった。ので、星評価もできなかった。読後『親友』の言葉にすら嫌悪感が湧いている。(86)

2019/06/09

感想・レビューをもっと見る