読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

睦家四姉妹図 (単行本)

睦家四姉妹図 (単行本)

睦家四姉妹図 (単行本)

作家
藤谷治
出版社
筑摩書房
発売日
2021-01-30
ISBN
9784480805003
amazonで購入する

睦家四姉妹図 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みかん🍊

タイトル通りの睦家の四姉妹の昭和の終わりから現在までの話、会社勤めをしながらで東京で一人暮らしをする長女、体育会系で男を見る目のない次女、おっとりしている様で鋭く繊細な三女、可愛がられて育った自由な四女、毎年母親の誕生日である1月2日に家族で集まる数年ごとの様子が描かれている、結婚したり離婚したり子供が生まれたり、集まる人数も増えたりたまに減ったり、日本の中流家庭の一般的な家庭という感じだが、今やこんな風に家族が毎年集まってくる事も難しいから時には喧嘩したりしながらも中の良い家族である。

2021/03/25

若草物語・細雪・海街diary・ポッキー四姉妹...古くから四姉妹は数多くモチーフにされている。この本も睦さんちの四姉妹の1988年から2020年までを綴った物語であり、世相を振り返るホームドラマとなっている。それ以上でもそれ以下でもなく、私には1ミクロンも刺さらなかった。はっきり言えば退屈だった。四姉妹もいるなら、誰か魅力的な人物造形が欲しい。若草物語のジョーとかベスとか、海街の綾瀬はるかとか長澤まさみとか。現実は睦さんちみたいなものなのかもしれないけど、四姉妹には夢が欲しい。流し読みしてしまった。

2021/03/05

信兵衛

ごくフツーの一家=睦家、両親&四姉妹のその人生模様、変遷を1988年から2020年まで、8章に分けて描いたホームドラマ。 この睦家の正月恒例行事が「フーテンの寅さん」映画を家族で観に行くということですから、睦家の雰囲気が分かるというもの。

2021/03/16

とこっぷり

昭和から現代までの4姉妹家族のお話。母親の誕生日である1月2日に必ず集まって写真を撮ることで、その時々で結婚相手がいたり、子供が増えたりがわかって面白かった。姉妹ではないけど、子供が4人いるのでこんなふうに色々とあれど家族がそれなりに仲良くそれなりに一緒にいられたらいいなぁと憧れた。時々の出来事も懐かしく振り返った。

2021/05/08

糸巻

毎年1月2日は睦(むつ)家の母・八重子の誕生日を祝うために実家に集まる4姉妹。上から貞子、夏子、陽子、恵美里。同じ両親の血を分けた姉妹であれど、見た目も性格もまるきり違う彼女たちを中心に、1988年から2020年までの約30年の世情を追う。昭和天皇の崩御、地下鉄サリン事件、9.11同時多発テロ、東日本大震災を背景に睦家の家族の出来事を描いているのだが、お父さんと末っ子の恵美里以外あまり好きになれないキャラクターだったかな。こんな家族もいるかもねというリアリティを感じさせてはくれる。

2021/02/18

感想・レビューをもっと見る