読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

魔利のひとりごと

魔利のひとりごと

魔利のひとりごと

作家
森茉莉
佐野洋子
出版社
筑摩書房
発売日
0000-00-00
ISBN
9784480814142
amazonで購入する

魔利のひとりごと / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

奥山 有為

厨二病風ネーム?魔利。フランスの文化とかに個人的にいまのところ心おどらない。せっけん。

2016/10/02

ぱせり

カポーティを読んだあと、これを読んだものだから、ここにも彼のお仲間が・・・と思ってしまいました。森茉莉さんも無垢な世界を持ったまま大人になった人。しかし、その無垢さに押しつぶされるようなへまはしない。あふれるばかりの愛情を受けて育った彼女の美学は筋金入りである。貧乏だけど、心は女王様のように豊か。

2009/12/19

ジュースの素

十代でパリに行った彼女は もともとそうだったのだが、本当にフランス人風だ。群れたり流行を盲目的に追う人が大嫌い。特に最後の項では それを声高に言っていて面白い。多くのカタカナ言葉が出て来るが 古風でなんか素敵だ。特有の美意識があって彼女の周辺は レトロなレースやアンティークが香る。 他の本も読んでみたい。

2015/08/04

神尾@図書館でバイト中

甘い蜜の部屋を読んだ時の、あのうっとりする語感が文字のすみずみまでいきわたっていて、つやつやうるうるした感覚にうっとりした。とくに「石鹸(サヴォン)」。江國香織のエッセイでも石鹸に触れたものがあったが、また違った味わい。江國さんが石鹸のあの清潔な佇まいに琴線を震わせたとしたら、森さんは「サヴォン」から立ち上る昔の記憶と香りとに思うところがあるのだな、という感じ。「海から生れた真珠」のロマンティックさもたまらない。森さんは、いくつになっても乙女のままのようだ。

2013/12/25

yumi✽.。.:*

茉莉さんたら、辛口。自分にも周りにもだから、おもしろい。こだわりが、どうにも譲れない絶対なんだけど、生活にあまり役には立たないこと、世間常識がない自分をポンコツに書いてしまっているあたりも、かわいい。世間をつまらないと言いながら、孤独と孤高の間の揺れ動く茉莉さん。彼女の硝子でできたお部屋は、ものに溢れ甘い匂いがして、素敵だ。佐野洋子さんの、私にも描けてしまうのではないかと、一瞬思わせておいて、とてもセンスがいいオシャレな挿絵もよく、佐野洋子さんの辛口エッセイも久しぶりに読みたくなる。

2020/07/07

感想・レビューをもっと見る