読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

世界マヌケ反乱の手引書: ふざけた場所の作り方 (単行本)

世界マヌケ反乱の手引書: ふざけた場所の作り方 (単行本)

世界マヌケ反乱の手引書: ふざけた場所の作り方 (単行本)

作家
松本哉
出版社
筑摩書房
発売日
2016-09-05
ISBN
9784480815330
amazonで購入する Kindle版を購入する

世界マヌケ反乱の手引書: ふざけた場所の作り方 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小鈴

ふざけた場所の作り方、読むとうっかりやってみたいと思うから気をつけなきゃ(笑)。真面目に語れば、資本主義への抵抗の仕方を革命からマヌケに変えてネットワークを拡げるところは左翼2.0(死語w)と言える。資本主義へのサボタージュ、それこそマヌケという抵抗。金持ちに搾取され、ブラック企業で魂の尻の毛まで抜かれたとしても、管理されてつまらない世の中だとしても、今すぐマヌケになって町へ出よう。マヌケ革命は自分革命だ。自分革命って三代目J Soul Brothersも歌ってたでしょ(笑)。

2016/11/07

冬佳彰

「マヌケ反乱」って言われてもピンと来ないが、「小さな自由度の高い、マクロな経済活動なんかに巻き込まれないコミュニティ、相互扶助システムや、無目的なイベント空間などをどのようにして作り、維持していくか?」といった本かなあ。根っこからのアナキズム的な?(根っこからでないアナキズムとか、ないか)副題の「ふざけた場所の作り方」ってのに表されているかなあ。日常に、どんな風にして予想外のイベントを発生させるかから始まり、ふざけた店の作り方、世界のバカセンター、勝手にパスポートやお金を作りましょう、と展開する。(続く)

2021/05/22

れこやん

この作者さんは絶対やらないけど、本の前半の内容に特化して 店の開業記&ノウハウ本 として再編集したら内容の濃いそこそこ売れそうなビジネス本となる予感が、冒頭で ひとだかりを作ってみよう から始まり本の構成もしっかりしている、勉強はしないが地頭がいいタイプの人かも。ただ笑って読むもよし、何か面白いこと始めたい人にはヒントもある、部分的に多少非現実的な話もあるがそこはご愛嬌で。タイトルは立派だが詐欺のような自己啓発本が多い中この本はマヌケでも意外としっかりしてる。次回東京で泊まるなら高円寺に行ってみようかな。

2018/05/22

スプリント

はたからみるとマヌケで奇妙な場所ですが、関わっている人々は至って真面目という不思議な場所が紹介されています。 おいそれとマネができることではありませんが覗いてみたくなる場所ばかりです。

2016/10/09

あび

正直かなり敷居が高い。圧倒的なコミュ力や行動力が求められる。これを読んで実行できる人は素直に凄いと思う。

2018/01/01

感想・レビューをもっと見る