読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひみつのしつもん (単行本)

ひみつのしつもん (単行本)

ひみつのしつもん (単行本)

作家
岸本佐知子
出版社
筑摩書房
発売日
2019-10-10
ISBN
9784480815477
amazonで購入する

「ひみつのしつもん (単行本)」の関連記事

【ひとめ惚れ大賞】違う人の人生に引きずりこまれてしまう小説『掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集』岸本佐知子インタビュー

『掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集』 ルシア・ベルリン:著 岸本佐知子:訳

装丁:クラフト・エヴィング商會(吉田浩美、吉田篤弘) カバー写真:Buddy Berlin 編集:須田美音、堀沢加奈 講談社 2200円(税別)

ルシア・ベルリンを知ったきっかけは、作家リディア・デイヴィスが絶賛している文章を読んだことでした。彼女がこんなに褒めるとは、と驚いて読んでみたら、76本の短編どれも傑作で、アルバムでいうところ捨て曲なしという感じだったんです。 ぜひ訳したいと思ったのですが、まだ日本で知っているのは私くらいだろうし、老後の楽しみに……なんて思っていたら、数年前にアメリカで彼女の作品集がベストセラーになって。向こうでも無名ではあったけど一部の作家には絶大に支持されていて、何人かの作家たちの尽力で再出版され、再発見されたんですね。もう悠長なことを言っている場合じゃないと思い、翻訳に取りかかりました。 翻訳において意識したのは彼女の特徴ある「声」を再現することです。投げ出すようなパキパキした文章で……武田百合子さんとどこか似ているかも。教養…

2019/11/30

全文を読む

関連記事をもっと見る

ひみつのしつもん (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

R

不思議な短編小説集でした。小説というか、小話のような、一瞬エッセーと間違えてしまいそうな不思議話。とっかかりは、そういうことあるなぁという些細な出来事を取り上げつつ、掘り下げていくと、ホラーになったり、エレジーになったり、サスペンスになったりと振り回される。ありそうな話が、ちょっとSFみたいに発展していくのが楽しいのだけども、考えオチを突き詰めたかのような、笑いと怖さが同居する文章を楽しめました。

2020/01/27

ぶち

読友さんのレビューを拝読して、読まずにいられなくなった妄想エッセイ。図書館の順番が廻ってくるのに数か月を要した人気本なのです。エッセイというより短編集を読んでいるよう。オチがちゃんとあって、小説としても楽しめるのです。奇想天外な着眼点、でも、自分の身近なことにも感じられます。抱腹絶倒な語り口。でも、ときどき怖くなります。自分もソックリな部分を持っていることを発見して。この物語はどれも気持ち悪く感じられて、でも読んでいて気持ちよくも感じられます。キシモトワールドに囚われてしまったか....

2020/08/16

tsu55

翻訳家岸本佐知子のエッセイ集。 ふわふわとさまよう思考、不思議な浮遊感は少し内田百閒に似てるような気もするけれど、百鬼園先生ほど読者を突き放した感じはしないし、不気味でもない。 この著者のエッセイ集はこれを含めて3冊読んだが、どれも面白い。ハズレがない。鉄板という感じですね。

2020/02/02

ゆう

通勤電車の中でひらいて、笑いをかみ殺すのがたいへんなくらい面白く、それなのにひんやり怖くて、時おりとても色っぽい岸本さんの言葉たち。

2020/02/10

pukupuku

にやにやブファーを堪える忍耐力がない人は、人前や電車の中で読んではいけません。日々頭の中でこんな面白いことを考えてる岸本さんって、いったいどんなおばちゃんなんだろーって、腹黒い気持ちでググってみたら、なんとお綺麗なお姉さまでした!こんなに面白くてビジュアルもイケてて、神様は不公平なんじゃないかとちょっと残念なような。こんな綺麗な人なのに妄想爆走しちゃってるーって嬉しいような。複雑な気持ち。

2020/02/10

感想・レビューをもっと見る