読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

百年と一日 (単行本)

百年と一日 (単行本)

百年と一日 (単行本)

作家
柴崎友香
出版社
筑摩書房
発売日
2020-07-14
ISBN
9784480815569
amazonで購入する Kindle版を購入する

「百年と一日 (単行本)」のおすすめレビュー

遠くの見知らぬ誰かの生が、ふいに自分の生になる。33のあらすじ付き掌編に宿るドラマとは?

『百年と一日』(柴崎友香/筑摩書房)

 舞台俳優4名による「さんぴん」という演劇ユニットがある。市井の人にインタビューして、そこで拾った「人生の断片」を、ひとり芝居や落語や講談やダンス、ラップなどで表現するユニットだ。劇団ロロの三浦直之が監修をつとめ、北海道や沖縄で集めたエピソードを東京などで上演などしている。本書を読み、そのさんぴんのコンセプトを連想した。

 柴崎友香『百年と一日』(筑摩書房)は33話の掌編から成る。掌編といっても、短いものは2ページ、長いものでも10ページ程度。しかも本編の前にあらすじが記されており、なにが起きるか分かった状態で読み始めることになる。

 進学、就職、結婚などのハイライトは仔細に描写されているし、登場人物が有名ギタリストになったり、交通事故に巻き込まれたり、宇宙ロケットに乗ったりというくだりもあるのだが、それ以外はとりとめのない話が続く。

 特に目に留まったのは、気まぐれで転居を決める男性の話。彼は遠い街に引っ越した友人を訪ねた帰り、なんとなくという理由で、来た時とは違う路線に乗る。直感が働いたのだろうか、彼は聴いたこと…

2020/8/30

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

百年と一日 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

柴崎 友香、3作目は、著者作家生活20周年の超短編集でした。こんなに題名が長い作品集は初めてです。オススメは「アパート一階の住人は暮らし始めて二年経って毎日同じ時間に路地を通る猫に気がつき、行く先を追ってみると、猫が入っていった空き家は、住人が・・・」&「兄弟は仲がいいと言われて育ち、兄は勉強をするために街を出て、弟はギターを弾き始めて有名になり、兄は居酒屋のテレビで弟を見た」です。 https://www.chikumashobo.co.jp/special/hyakunen_to_ichinichi/

2020/11/15

ひこうき雲

ただ『淡淡』と時が進む。百年と1日のあいだ、特別なことは何も起きない。でも確かに生きている、そこに存在する。「人生ってそんなものだよね」と思う。

2020/10/25

なゆ

こういう本、好き。“この星のどこかにあった、誰も知らない33の物語”とあるように、何処の誰ともわからない人たちの生活や人生のかけらが散りばめられている。異国らしき話もあれば、誰かと共有したささやかな記憶の行方だとか。短い話のなかで時間も場所もひょいひょい飛び越えて、変わるものあれば変わらないものもあって。定点観察みたいな話が好き。町のラーメン屋、猫の通り道、古びた喫茶店、etc…。感情は最小限に淡々としているけれど、それぞれの話に思うところは残りそれが降り積もって、本を閉じるころには芳醇な読後感に〜♪

2020/08/19

ゆのん

短編集。それぞれの短編のタイトルが長く、おおまかなあらすじになっている。現在の一日にはその前の百年があってこその一日っていう事なのかな…。毎日通っている道にある建物がある日更地になっていたりすると、以前あった建物が何だったのか思い出せない時がある。そんな事を思いながら読み進めた。一人一人の一日一日に歴史あり。その歴史はごく普通の歴史だけど、教科書にものらないし、劇的でもないけれど、何処かの誰かにとってはふと思い出す大切な記憶なのかもしれない。185

2020/08/03

ひらちゃん

長い長〜いタイトルが続く短編集。あの日あの時代にあった事、そこに存在していた人。確かに存在したのはほんの一時の出来事と思い知る。その人物に関わって、でも記憶だけが残っても会うこともない。なんとも言えない感情が溢れる一冊だった。初読み作家さん。好みかもしれない。

2020/09/03

感想・レビューをもっと見る