読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

常識哲学: 最後のメッセージ (単行本)

常識哲学: 最後のメッセージ (単行本)

常識哲学: 最後のメッセージ (単行本)

作家
なだ・いなだ
出版社
筑摩書房
発売日
2014-05-13
ISBN
9784480843036
amazonで購入する

常識哲学: 最後のメッセージ (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬縁冊

2年前に出た本。外山滋比古的なわかりやすい文章。こういう文章を真似したい。著者は、83歳まで生きてきた人間の持つに至った哲学を、声を想像しながら読んで欲しいという(13頁)。アルコール依存:酒をやめざるを得ないところに追い込まれた人間(36頁)。真似して広まり、習慣化し、集団の癖ができるのが文化(42頁)。一番重要なことは、理性の代わりに常識で考えることで何が生まれたか(49頁)。常識は進化し続ける偏見(58頁)。

2016/03/18

くさてる

「83歳まで生きてきた人間の持つに至った哲学を、声を想像しながら読んでほしい」というメッセージの通り、実際に目のまで講演が行われ、自分はその聴衆のうちの一人だという謙虚な気持ちで読みました。編集の方の言葉通り、重複個所も多く、もっと推敲が重ねられるべき文章だと思いますが、だからこそ、なだ先生の伝えたかった言葉はこれなのかなと、生の気持ちを頂いたような気持ちになりました。「常識はいわば、変化し続ける偏見」この一言だけでも忘れずにいたいです。

2014/06/10

はるわか

常識の排他性を、常識が形成されたあとから克服するためには、常識とは何かを考える哲学が必要。「何をなすべきか」:カントの終生の命題。「人間は一回しか生きられない。しかし一回は生きねばならぬ」(ケストナー)。「常識とは、人間が十八歳までにかき集めたうず高き偏見の山である」(アインシュタイン)。「それはしばらく前までの常識です。あなたがそう思うのも無理はない。だが、新しい常識はこうなのです」。常識?、コモン・センス?

2014/10/10

hideiz

気に入った一節があった。「今日やるべきことをやっていく。今日やることのできること、やることの許されていることをやろう。」とりあえず一日を生きるという哲学。病を得て命の期限を決められた作者の結論だろう。わたしも先を思い煩うことなく、このように一日をまっとうに生きたい。

2016/03/26

コロ助

意味深い❗

2015/07/21

感想・レビューをもっと見る