読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

人間科学

人間科学

人間科学

作家
養老孟司
出版社
筑摩書房
発売日
2002-04-01
ISBN
9784480860644
amazonで購入する

人間科学 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パスティル

バカの壁で有名な著者の本。自らを知れで始まり性差を論じる意味で終わっている。人とはなにかについて考えさせられた。かなり哲学的内容で、慣れていないと難しく感じる本でした。

2014/08/09

えぞしろくま

図書館本。脳ー言葉、細胞ー遺伝子、という二元論。そして「情報」という捉え方。なかなか難しいなあ。

2015/02/28

ハチ

脳⇄言語、細胞⇄遺伝子。システム。情報。養老さんの問いの立て方と議論の進め方は本当に勉強になるなあ。私的とは近年では悪い意味に扱われる場面があるが、真の知性を豪速球でなげこんでくるのが伝わります。

2018/10/24

Hiroki Hatano

人間とは何か?について科学しようとした本。「情報」という視点で科学と人間を結びつけようと試みているが、科学というには哲学書っぽく、哲学書とよぶには科学っぽい記述が多かった。正直、何なのか理解できなかった。

2014/05/16

ニョンブーチョッパー

2003/11/26

感想・レビューをもっと見る