読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「色のふしぎ」と不思議な社会 ――2020年代の「色覚」原論 (単行本)

「色のふしぎ」と不思議な社会 ――2020年代の「色覚」原論 (単行本)

「色のふしぎ」と不思議な社会 ――2020年代の「色覚」原論 (単行本)

作家
川端裕人
出版社
筑摩書房
発売日
2020-10-24
ISBN
9784480860910
amazonで購入する Kindle版を購入する

「色のふしぎ」と不思議な社会 ――2020年代の「色覚」原論 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

著者と同じ年なので、学校での色覚の検査を覚えている。日本で優生思想が広がったのはむしろ戦後で、教科書で色覚は遺伝病の一つだった。1970年代色盲を劣性遺伝とし苦しめられていた人々がいた。優生保護法は1996年まで現役だった。2004年学校での色覚検査が廃止されたが、今度は就職の際に自分が色盲だと初めて知り採用されないケースが相次ぎ、日本眼科学会の推挙で2014年色覚検査が復活した。そもそもヒトの4割がなんらかの色覚異常を持ち、誰もが違った色の世界で生きている。それを知るだけで読んだ価値があった。

2021/03/17

よしたけ

色覚異常のメカニズムと社会の問題点に切り込む。私自身が色盲のため手に取った。自分は小学校の検査で色盲を自覚したが大きな不自由なく生きてきた中、00年初頭から義務教育の色覚検査が一時期取り止められていたこと、他方で過去には酷い差別があったことに驚き。黒板に赤チョークは見にくい等の色盲あるあるに親近感覚えつつ、色盲メカニズムや類型を知れて有意義であった。筆者の、色盲は異常でなく多様性の一つでこれを受け入れる社会環境整備を、との訴えは最もだが、職業選択の不自由等が残る中、どこまで受容性が高まるか期待したい。

2021/05/07

yutaro13

色覚異常の問題に鋭く切り込む好著。同じ目でも「屈折異常(近視)」と「色覚異常」とでは後者の異常性が際立つように思えるなら一読を。実は遺伝学・進化学の観点からは正常と異常の間に線引きはできず、人口の4割が「軽微な色覚異常」とのこと。隣の人とは見えている世界が違うということだ。昔私も学校で受けた色覚検査は単に「検査表が読めない」人をスクリーニングするにすぎない。2004年に廃止された色覚検査の復活について、著者の主張は手厳しい。色覚臨床の現場にも「色覚の多様性・連続性」の視点が取り入れられることを願う。

2021/04/16

大塚みなみ

筆者が提起する「色覚異常」という語への疑問に、共感するところが大きかったので選書。異常ってなんだ? 正常ってなに? 筆者は学者ではなく作家なので文章はこなれているが、内容は学術的でなかなかハード。読むのに時間がかかった。だが終章で「自閉症スペクトラム 」との相似が指摘されて、そうだそうだ! と膝を打つ思いだった。最後まで読んでよかった。異常という言葉で個人が安易にレッテル貼りされてしまう社会のあり方が不思議なのだ。正常と異常の二元論を、スペクトラムと分布のイメージで置換すると世界の見え方が変わってくる。

2021/07/10

tetsubun1000mg

通常なら読まないジャンルの本だが、ノンフィクション専門書評サイト「HONZ」で紹介されていたので読む。 実は著者の名前が2冊程度だが読んだことのあるSF作家と同じだったので気になってしかたがなかった。 巻末の著者紹介では東大卒ノンフィクションライターとなっていたが著作に以前読んだことのあるSFのタイトルが有った。 内容は色覚異常に関する調査と解説であったが、作家らしく取材の様子や自らの色覚異常や検査の体験を解説してくれるので大変分かりやすかった。 色覚検査判定に悩んだ経験がある方はぜひ読んだ方がいい本。

2020/12/23

感想・レビューをもっと見る