読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

漫画家入門 (単行本)

漫画家入門 (単行本)

漫画家入門 (単行本)

作家
浅野いにお
出版社
筑摩書房
発売日
2019-09-14
ISBN
9784480874023
amazonで購入する

漫画家入門 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小鈴

不思議だな。『澪落』では落ちぶれた主人公が鼻について浅野いにおが嫌いになったのに日記形式のエッセイでは好きになった(笑)。著者のこの感じが嫌いじゃない。絵だと鼻につくのに文だと好感がもてる。不思議な体験をした。社会と接点のない著者とスタッフ、猫との濃くもないほどよい距離感。 時々、彼女/妻との間で感情が動く半径3メートルの世界がだるくて心地いい。旅でもすればつげ義春的な世界になりそうだが、いにおはどこへも行かない。時がただ過ぎていくだけだ。天気が悪くどこへも行けない日に読むのにオススメのエッセイ。

2019/11/14

江藤はるは

文章がお上手! あらゆる出来事は半径3メートル以内に転がっている。 あの人が言ってたそんな言葉をふと思い出した。

2019/09/23

みのにゃー

内容は漫画家になるための話ではなく、日記なのでした。浅野さんが人気の漫画家でなければ、なんて生きる気力の無い人だと思うところ。これでバランスとってんのかな。周りの人との関係が、一般的なところで非常識なのがいい。作品はあまり読んだことない(読んだ作品は自分の好みではなかった)けど、また読んでみたい。

2020/08/20

夢の終わり

面白い漫画を描く方は文章も上手いのかも…と感じた淡々と進むエッセイ。スタッフのゆかちゃんの方が浅野さんの再婚相手とその息子さんよりもよっぽど家族っぽくて、いいのかなと思ったがだからといってどうしようもないのもよく解る感じ。表紙や挿絵がまた内容と合っていた。全編にうっすら漂うどこか不穏な雰囲気が読んでて心地よかったです。

2020/02/23

Yasutaka Nishimoto

ここしばらく好んで読んでいる浅野いにおのweb日記。ちょうど再婚する頃の話。デビュー当時から読んでいるわけではなくて、虹が丘ホログラフをヴィレッジヴァンガードで見つけて買ったあたりからなので、それでも14年くらいは読んでることになって、20周年祭というのも分からなくもない。アシスタントと現妻の狭間で揺れる著者も、それはそれで作者本人なのだろう。面白かった。

2019/10/04

感想・レビューをもっと見る