読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヴァージン―僕は世界を変えていく

ヴァージン―僕は世界を変えていく

ヴァージン―僕は世界を変えていく

作家
リチャード・ブランソン
Richard Branson
植山周一郎
出版社
阪急コミュニケーションズ
発売日
2003-04-01
ISBN
9784484031026
amazonで購入する

ヴァージン―僕は世界を変えていく / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

芸術家くーまん843

ヴァージン・グループの創業者リチャード ブランソンの自伝。ドラッグ、夜這い、脱税と起業したての頃ははちゃめちゃといったイメージ。それでもレコード販売からレコードレーベルを立ち上げ事業の基礎を作った。飛躍のきっかけはレコードの製造から物流を委託することでハイリスク・ハイリターンのビジネスで勝利したこととヴァージン航空を立ち上げたこと。今もヴァージングループは多角化を進め稼いでいる、元気になる一冊。

2014/04/15

活字の旅遊人

かっこよかった。

珍田 浩平

【好奇心のかたまり】キャラクターに魅かれます。おもしろくって、大阪の友人にもかってに贈りとどけました。レコードから宇宙まで、あらゆる分野に顔をだす何でも屋さんは、瞳がきらきらしていそうな感じをうけました。

2018/05/04

Vincent

濃密な内容のため読了に予想外の時間がかかりました。いかにしてロックンロール・カンパニーが巨大な多国籍企業になりえたか?この自叙伝でその軌跡をかなり克明に知ることができました。やりたい放題の私生活も驚きの連続。ここまで書いて大丈夫?クライマックスは第29章。ブランソンのビジネス哲学が昇華されています。

2020/02/24

KARA

レコード会社作ってセックスピストルズ売り出してたかと思うと航空会社、保険会社、鉄道会社作ったり、コーラ売り始めたり、コンドームを売っていたりと1人の人間でできることの想像を遥かに超えることをしている。とにかく逆張りの発想が常にあって、その逆張りの発想が、だってそれのほうが楽しいでしょ、という彼の人生を楽しもうとする冒険心から来てるところがとても刺激的で魅力的だった。気球での世界一周に何度もチャレンジして死にかけたりしていて今まで生きながらえていることが不思議だ。挑戦し続ける人にはいつまでもヴァージンがある

2021/01/24

感想・レビューをもっと見る