読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

モフモフ家族

モフモフ家族

モフモフ家族

作家
松原卓二
出版社
東京書籍
発売日
2011-08-31
ISBN
9784487805990
amazonで購入する

モフモフ家族 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

masa@レビューお休み中

動物好きのみなさんなら、少なからずモフモフ願望はあるはずだ。あの動物たちのフサフサした毛に顔をうずめたいとか、顔をうずめなくとも手でモフモフ感を味わってみたいと思っているにちがいない。いや、隠さなくてもいいんですよ。ここは照れずにオープンに告白しちゃいましょうよ。(笑)たくさんのモフりたくなる動物たちがでてきます。ホッキョクグマ、キングペンギン、ゴマフアザラシ、ジャイアントパンダ、アムールトラ、ワオキツネザル、チーター、ライオン、カピバラの9種類の動物が登場します。あなたのモフモフしたい動物がどれですか?

2013/08/11

積読亭くま吉(●´(エ)`●)

★★★✩もふもふ密集本。もふっ( ´)Д(` )もふっ♡もふもふもふもふもふ~っ、正直苦しいくらいに、全ページもふもふ。どこもかしこも、もふもふ。スマンッちょっと酸素吸ってくる!!

2015/09/07

しゅわ

【図書館】松原卓二さんのωとαに癒されたので、ほかにもどんな写真集があるかな?と借りてきてみました。こちらはもうタイトルから反則だろう!?っていうぐらい癒しパワーあふれる一冊。ホッキョクグマ、ペンギンやゴマアザラシの赤ちゃん、パンダ、トラやチーターやライオン等猛獣の赤ちゃんもモフモフです。キツネザルやカピパラがまとまって寝ているところなんて…もう…って感じです♪ 個人的なおすすめはP16のホッキョクグマのお尻。巻末に特別対談が載っていて、専門家の視線がとても興味深かったです。

2014/06/23

すい

ホッキョクグマ、キングペンギン、ゴマフアザラシ、ジャイアントパンダ、アムールトラ、ワオキツネザル、チーター、ライオン、カピバラの家族写真が可愛くて、ずっと見ていたくなる。だがこの本の一番の見所は、最後の松原卓二さんと今泉忠明さんの対談。とても興味深い内容で、ニマニマしながら何度も読んでしまった。

2015/04/27

波平

子供のころからモフモフがとにかく大好きで常日頃求めているといっても過言ではない。それは今も変わらず、そしてこれからも。今は猫がそばにいてくれるので、極上モフモフ三昧の毎日でとっても幸せ。 ◎お正月に見に行ったカピバラさんたちが載っていた。ワオキツネザルの尻尾のモフモフ、触ってみたいっっ!!

2014/01/10

感想・レビューをもっと見る