読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

エナガの一生

エナガの一生

エナガの一生

作家
松原卓二
萩岩睦美
出版社
東京書籍
発売日
2017-09-07
ISBN
9784487811045
amazonで購入する Kindle版を購入する

エナガの一生 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かりさ

まんまるエナガと桜の表紙が可愛らしくて心惹かれました。松原さん、萩岩さんお二人が作られた絵本は、エナガへの愛情に満ち溢れていて。手にとった私たちもその愛を受け継ぐようにキュンと胸高鳴らせながら読むのです。エナガのピッピがヒナから成長し、やがてチルルと出会い恋をしてヒナを産み育てる様子の可愛らしいこと。子育て中必死に餌付けし、身づくろいする暇もなくてヨレヨレになる様子など、人間の子育てと同じだなぁとしみじみ。自然の厳しさの中で命を得て、懸命に生き、そして命をつなぐ。優しい文と愛らしい絵に和む絵本です。是非。

2017/10/02

seacalf

松原さんの本は2冊目だが今回は優しいタッチの萩岩さんの絵にひとめぼれ。冒頭に出てくる丸々とした巣から顔だけ出してるエナガの強烈な可愛さと言ったらもうもうたまらない。真冬は昼間でも水場が凍る標高の高い山に住んでいるので、折れた枝や傷付いた部分からしみ出している樹液を給水場とするとかマイナス15℃の極寒の夜でも温めあって寝るとか生態についてもかなり詳しく説明がありリアル。優しい語り口ながら厳しい自然も痛切に感じさせるエナガの一生、これはおすすめ。うちの近所にもいるらしいから今度その小さな姿を追いかけてみよう。

2017/10/27

花林糖

エナガのピッピ(♂)の誕生から命を終えるまでの物語。萩岩さんの描くエナガがとても可愛い!最後のピッピの息子が家族を作り命を繋ぐ場面が◎。お気に入り本の仲間入り。

2017/10/05

Maki

義理姉の本棚より拝借。北九州市出身の萩岩さんのサイン本。萩岩さんの可愛らしいエナガの絵に、その生態がリアルに松原さんの言葉で綴られている。ひとの一生と重なり、心がしんと静かになり、鼓動がどくんと聞こえそうな、そんな素敵な読書の時間を過ごせました。子供たちに読み聞かせよう♪

2017/12/10

sonettch

あっけなく失われてしまう命。でも最後には少し輪廻転生のことを思いました。

2017/11/12

感想・レビューをもっと見る